最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/16 伊勢湾
2019/09/15 伊勢湾
2019/09/11 伊勢湾
2019/09/01 伊勢湾
2019/08/25 伊勢湾

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2014/07/31(木) 方座浦
毎日毎日ひたすら暑いですね!
先週の花火以降ずっと夏バテ気味でなかなか本調子に戻れませんが、一日仕事が空いたんで行ってきました。

今回もオトコゼで狙いはアオリ&カワハギ。
特にアオリは前回まともに狙えてないんで居るのか居ないのかわからない状態、玉砕覚悟で挑みました。

朝イチ、まだ暗いうちにエギングを試してみるがやっぱり気配なし。
粘って10投くらいやってみるが無反応。
ん〜、釣れないのは潮位のせいって事にして一時撤退しカワハギ釣りの支度をする。

今回のエサはオキアミ(生)と活きアサリの2種類。
作戦としてははオキアミで少しでも魚を寄せておき頃合いを見てアサリで仕留めるという作戦。
誰でも思いつくような幼稚な作戦ですが、普段仕事中はいつもこんな事ばかり考えてます。

で、結果としてはうまくいった・・・ほうかな?
活きアサリに喰らいつくカワハギのしつこさはすごいですね!冷凍物とは一味も二味も違います。
殻を剥くのが面倒ですが・・・。

そして11時頃、潮位がだいぶ下げてきてたんで朝イチのリベンジエギング。
そしたらやっぱり居た!3杯ヒットで1杯はこの時期にしてはそこそこデカい。
朝釣れなかったのはやはりヒタヒタ満潮だったからだろうね。


2014上半期、今日が一番おもしろかった。

2014/07/26(土) 桑名水郷花火大会
今日は年イチのアルバイト船頭の日。

昨日の暑さで体調を崩し、今朝起きると頭や関節があちこち痛いんで熱を測ってみると38℃近くもあった。
はっきり言って梅雨明け後10日間くらいは人間が仕事をできる気温じゃないです。
わざわざこんな大切な日に狙い撃ちしないでもいいじゃんか、とも思いましたが・・・。
ただ、花火が終わるころには熱も下がったのか関節の痛みも無くなり普段通りになりました。

今回のゲストは自分の船着場から出るため桑名駅間を初めて送迎しましたが、花火が終わった後の桑名市街
には入るもんじゃないなと思った。ダダ混み渋滞すごかったです。

2014/07/06(日) 方座浦
久しぶりの更新で何を書いていいのかよくわからない・・・とりあえずありのままをしたためようw

方座浦に行ってきました。本命はカワハギです。

朝は一応エギングで攻めるが異常なし。これは想定内。
次はサビキで今年好調な大サバを狙ってみるが、釣れてくれるのは小サバばかりで相変わらず面白くない。
7時をまわったところで撒き餌も効いてきただろうと本命のカワハギ釣りに切り替えると立て続けに5匹も釣れた!
これは今日はいいかもしれないと期待したがそれ以降パタッと釣れなくなってしまった。
自分にとってのカワハギ釣りはこのようにパタッと釣れなくなるパターンが多い。皆もそうなんだろうか?ホント難しい釣りだ。

しばらくまた元のサビキをやってると本日最大のヤマ場がやってきた。
アオリが3匹、横並びで自分の目の前をランデブー。自分から近い順に大・中・小と言う配列。内心、よし、もらったぜ!と
すぐさまエギを一番手前側にいる”大”サイズの目の前に落とすと、なんて事か大&中はいきなり沈む。

くっそ〜なんでじゃ!(`ω´)!!

でもひょっとすると戻ってきてくれるかも知れない、って思いエギを動かすのを止めそのままそこで沈めて反応を見るが、やはり
二度目は無く、諦めて回収しようとしたら自分から一番遠い“小”サイズが体を真っ白にしてエギを猛追、そしてヒット!
ふぅ、なんとかボウズは逃れました。


謝謝w


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.