最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/11 伊勢湾
2019/08/09 伊勢湾
2019/08/05 伊勢湾
2019/07/31 伊勢湾
2019/07/30 伊勢湾

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2012/10/25(木) 熊野
そのまま熊野のまるせいまるへ。今回の本命はアオリ。

ポイントはいつもの誰も乗らない小さな島でNewエギングロッド&リールを使ってみたくての渡船でした。
今回仕立てたタックル。ロッドはエギング用としてはおそらく最長であろう11ftのダイワ・ソルティスト。リールはセルテート2506H。

磯に乗るなりビシバシとシャクります。
11ftというロングロッドにハイギアリールの組み合わせは素晴らしく、朝から墨の海状態!じゃんじゃん掛けて絶好調!
釣れたイカを生かしておくために簡易的スカリ、100均ダイソー洗濯ネットを海中に沈め、ひたすら朝のジアイを有効活用。

釣れるサイズは100〜500g位まで。どこからともなく追いかけてきて、サイトで仕留めるパターン。
10時前、20杯以上キープしたんでひと息入れようとお弁当食べてる間に事件は起きた。

ボケ〜っとスカリ網のあたりを見てると、いきなり真っ黒になったんで何?って近寄って網を揚げて確認すると、洗濯ネットに大きな穴が!ウツボだ!しまったぁ〜・・・やられた。

ほぼ半数のイカがやられてたのと、生存してたイカも胴が半分かじられてたり、足が無くなってたりして最悪。
周りには大きいカワハギも複数いたんでこれらも共犯だった模様。

事件後、挽回しようとしたが時すでに遅しで2〜3匹小さいのを追加しただけで終了。
もったいないことをした・・・。

2012/10/24(水) 方座浦
仕事がポツンと空いたんで、とりあえず二日間行ってきました。まずアジ専筏から。

あまり期待していなかった朝イチからのアジは予想通り低調。
中層あたりで、たまに小さい青アジが釣れるんで掛かったらそのまま底まで落としこむノマセをやってみたら、いきなりグイィ〜〜!って
持っていく重いアタリ!よしきたっ!ってアワセを入れるとジェット噴射が始まったw
サビキ仕掛けなんで青アジの下の段の針に掛かった引っ掛け釣り?みたいな感じでアオリを1匹。

その後、底のアオリを取り除けたのかポツポツと黄アジが釣れるが、やはり低調。一日中そんな感じでした。
青物は前回よりも数入ってるような感じがしたが、沸き立つナブラは無かったです。
カモメはちょっと増えたかな?程度。 もうちょいかな?

2012/10/14(日) 方座浦
そろそろ青物が入ってる頃だと思い、いつものアジ専筏に乗ってきました。

とりあえず朝イチはいつものようにアジ釣りからスタート。
薄暗いうちから7時くらいまでが一番いい時合いなので集中してやってみるが、こんな時に限ってポツポツ釣果。

物凄く貴重な活きエサのアジが数匹釣れたところで、鼻掛け小アジを投下し様子を見てるといきなりアオリのアタリ・・・。
どうしようもないので、回収し2匹目のアジを投下すると、またしてもアオリのアタリ・・・で、もちろんスカ。
3度目の正直って事で再びアジを投下すると・・・またアオリのアタリ。

しかし今度ばかりは逃すまいとアオリがアジを食うことに夢中になるまで放置し、時を見計らい ゆっくり回収し
タモですくってやろうと画策する。
そして、その時が来たんでアオリを刺激しないように騙し騙し回収していると、中層あたりで突然ジェット噴射が始まった! 
へっ??なんで??
水面近くにきたアオリを見てみると・・・なんと!ノマセのチヌ針が足に掛かってるじゃないですか!

なんて運の悪いやつ (≧m≦)ぷっ!
ちょっと笑えたんでタモ入れした時に写真を撮ってしまいました。

あ、釣れなかったけど青物入ってきてました。サイズはバラバラっぽいですが、ワラサも数匹見かけました。
もうちょっとするとまた例年のようにナブラ撃ちができるようになると思いますが、去年と比べると今年はそんなに
数が出ないような気がする。
ベイトのイワシが今年は少ないです。まだわからないけど・・・。

2012/10/07(日) 熊野
久しぶりに熊野へ行ってみました。
本命は青物で、乗った磯はマブリカ、ポイントはA級ポイント丸王子。ルアーマンの先行者2人がすでにキャストしていたが
端っこから仲間に入れてもらい計3人で色々やってみましたが、やはりダメ!自分はこの磯相性悪すぎ。
ちなみに今までここで釣った獲物はイカとサバ1匹だけ、ほんとダメダメだ〜。

さぁ、熊野まで来てボウズはひじょ〜〜にマズイ、ヤバい!と涙目で港方向を眺めていると、まるせいまるが弁当配りにやってきた。
弁当を受け取ることなくそのまま船に飛び乗り、向かった先は誰も乗らない小さな島。ターゲットはイカにチェンジ。

時計を見るとちょうど9時、まだまだ十分間に合う時間だったのが良かった。
そそくさと準備しシャクリだすとすぐにいいサイズが乗ってきて、その後もポツポツと追加し計9杯。あ〜釣れて良かった。

やっぱり熊野磯の本命はヒラスズキにしておくべきと痛感した次第であります。

2012/10/04(木) うなぎ釣り
今日も行ってきました、帰りがてらのひと流し。
昨日と違ったのは、やや強い北西風。風裏になる河口堰ですら波ザブザブでアタリが取りづらかった。
夕マズメの取り損なったアタリ分を取り戻そうと思い8時回るまでやってみるが、今日も7時半にはアタリが止まる。

夏と違い、8時以降は釣れなくなっちゃってる感じがするし、やはり10月ちょっと寒い。
今日も明かりの下はシーバスだらけ!ルアー持ってないんで見てるだけです・・・。

2012/10/03(水) うなぎ釣り
デンソー帰りのひと流し1日目。久しぶりの河口堰でした。
と、その前に今回はエサの調達にちょっと難儀。いつものドバポイントの堆積落ち葉がキレイに掃除されていてアウト。
通り道の第二ポイントでなんとか10匹位確保して船着場に急行!この前の台風でちょうどいい感じの濁りが入っていました。
水温は21度。

薄暗くなるとすぐに反応アリ。
アタリも多く、そこそこ退屈せずに釣れるが、いかんせんエサの数が限られてるんで思い切ったアワセを入れることができない。
そして満潮の7時半を境にパタッと釣れなくなりエサもなくなったんで、ここで終了。

久しぶりに大きいのが1匹釣れました。
あと、シーバスのライズが去年同様、今年もすごいです!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.