最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/05/12 伊勢湾
2019/05/09 伊勢湾
2019/05/06 大島入港一年経過
2019/05/05 伊勢湾
2019/05/03 伊勢湾

直接移動: 20195 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2012/11/23(金) 続・方座浦
二日目はイカ専筏でアオリ&カワハギを釣りつつナブラ撃ちをしようと画策。天気は朝のうちはどしゃ降りの雨。
今日は祝日でとなりの同じイカ専筏に5人のライバルが存在したんで先手必勝で攻勢を掛けることにした。

前日から覚悟・戦略を決めてるんでラインを通したロッドの先には勝負エギが結んである。
オトコ瀬でのエギングは誰にも負けない自信があるが、朝からナブラが沸きだしアオリが釣れない事も想定されるんで、さっさとアオリを
釣ってナブラ撃ちに備える事にする。

筏に乗るなりすぐさま1投目・2投目とアオリが乗ってくる。この時となりをチラ見すると5人衆はまだ準備中(笑)
辺りが白みはじめた頃には雨も止み、スカリの中にはすでに5杯のアオリがいた。型も良く上々の滑り出し、やっぱエギング面白い!
いつもはこれくらい釣った頃にはアタリも一休みするんだが、今日はちょっと様子が違った。
なんとその後もじゃんじゃん釣れるのだ!船頭さんが餌やりにくるまでにすでに13杯、そして餌やりをしている間に16杯を突破!
ありえん・・・なにコレ?

船頭さんの餌やりが終わりしばらくすると、後ろで規模は小さいがナブラが沸いたんですかさずキャストしハマチを1匹。
その後カワハギ釣りもやってみたが、なかなか集中できなくて小さいのを2匹釣ってやめちゃいました。
しょうがないんで再びエギをしゃくるとまたまた釣れるアオリイカ・・・なにコレ?信じれん、この時点で20杯。

午後1時すぎ、ついに大規模ナブラが筏の周辺で沸き立つ。凄まじい音と飛沫で圧倒される3分間劇場が始まった!
3匹は楽勝だろうと余裕でキャストするもぜんぜん無視、何度通しても空振り・・・信じれん、1匹も釣れなかった。ありえん・・・。
コレはあれですね、おととしと同じパターンの小さいジグじゃないとダメなのかもしれませんね。次回は弓角だな〜コレは。

夕方頃、船頭さんと息子さんが迎えにきている間にもさらにアオリが3杯。
合計すると一日通してアオリ23杯。その内キロ級が3杯とありえない釣果で終わりました。

もちろん新記録!普段見れないオトコ瀬の懐の深さを味わった一日でした。

2012/11/22(木) 方座浦
いい加減に青物を釣りたいんで今回も2日連続釣行。初日の今日はアジ専筏で、またしてもしとしと雨の中のスタートでした。

平日の朝イチ、無風ベタ凪の静かさは実に気分がいい。
アジもじゃんじゃん釣れるし、自分の乗ってるアジ専筏からはちょっと遠いが湾奥ではカモメが大騒ぎしてて雰囲気は抜群にいい。

そんな中、1発目の沸きが起こったんですかさず準備してあったジグをキャストすると即ヒット!ナブラは即沈静化したんで2匹目は
無いと判断し魚の回収にかかるが、なんか弱いんである、引きが。ちょっと拍子抜けしたが今年初となる青物、慎重に寄せフッキングを
確認しタモを使わずぶっこ抜きであげたのは50センチクラスのハマチだった。でも、とりあえず今年初青物、姿を見れて一安心。

雨は止んだが曇りの状態なためか、その後もアジは入れ食い。
そしてやや規模の大きい2回目の沸きが始まった!よし、今度はまとめて3匹獲りにいくぜ!と1発目を発射すると即ヒット!
強くフッキングを入れ、お約束の強力洗濯バサミで筏に固定、決まった!
次いですぐさま2発目を発射するも不発、あらっ? でもまだ沸いてるんで3発目を発射するがこれも不発・・・
うそっ!なんでなんで??
とりあえず全力回収し再度、再々度と通してみるが結果は同じ。終わってみると、あのクラス沸きで1匹・・・トホホ。

ん〜〜、これってたまたま運が悪かったんだと信じたい一日目が終了。
また明日。

2012/11/17(土) 続・方座浦
お約束の2日目。U野くんカップルも2日目(笑)

天気予報は雨。でもせいぜい微風で2mm程度のしとしと雨との事だったんで今日こそは、とアジ専筏で再度勝負してみる事に。
U野くんカップルはイカや五目狙いでイカ専筏に。

朝イチは微風で予報通りだったが、7時をまわった頃から猛烈な風・雨・巻き上がる飛沫!! 
それも巻いててジオングのオールレンジ攻撃状態。
アジは昨日ほどの好調さは無く、ポツポツ釣れる程度だが型が良く引きも強い!
その中でも平べったいアジのカイワリは輪をかけてよく引くし旨い。
青物の回遊は昨日より多いみたいで、カモメの騒ぎ方が尋常ではなかったが40gのジグでは射程内に入らず不発に終わる・・・。
午後2時頃に心配になったのか、船頭さんが様子を見にきた際に諦めて撤収しました。

今年の青物、なかなかに苦労してます。近くで沸いてもらえさえしてくれれば釣る自信あるのにな〜・・・。

また来週。

2012/11/16(金) 方座浦
とりあえず平日だから空いてるだろうとрオてみるとアジ専筏に先客あり。うっ、誰なの?と船頭さんに
訊くと、返ってきた名前はU野クンだった。ちなみに彼とは相乗り安全保障条約締結済みなんだが、拒否権を発動する可能性
もあるので一応連絡してみると快くOKしてくれた。よかった〜!

天気は晴天。無風ベタ凪で視界も良く、ナブラが沸けば はっきりとわかる静けさなんだが沸いてくれない。
沸いたとしても遥か彼方でどうしようもないレベル、何もできません。昼間は3人仲良く海上座談会。
こんなのめずらしいってくらい青物は完封パーフェクトゲームでした。筏まわりには一切入ってきてくれなかったです。
おまけに衆議院も解散、万歳お手上げな一日でした。

ただ、青物がウロウロしないぶん?アジは好調!サイズもいいのが多かったです。

2012/11/04(日) 方座浦
11月です。青物強化月間って事でアジ専筏に乗ってきました。
今回はめずらしく同乗者あり。初夏頃、仲良くなったイケメンF田くん。ちなみに嫁さんはめちゃくちゃ美人!

とりあえず朝イチはいつも通りアジ釣りをやってみますが、予想通りダメ。釣れたとしても豆アジという苦しい展開。
完全に明るくなってダレてきた7時頃、後方でやや規模の大きいナブラが沸き始めた!
待ってましたー!とばかりに二人してジグを放り込むが全然反応してくれない、完全に無視されてるし・・・。

その後、ナブラを注視して見ているとちょっと残念な事に気がついた。それは、去年のようなワラササイズではなくハマチサイズだって事。
やはり去年は特別だったのか?それともこれからなのか?・・・んーなんだか微妙な気分でちょっと不安。

近くでナブラが沸いたのは1回きりだったんでチャンスはその時しか無かったが、今後はもっと派手になっていくと予想。
今シーズンはアジがどうもイマイチなんで次回はオトコ瀬でカワハギを釣りながらナブラが沸くのを待とうかな。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.