最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年4月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/11 伊勢湾
2019/08/09 伊勢湾
2019/08/05 伊勢湾
2019/07/31 伊勢湾
2019/07/30 伊勢湾

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2010/04/24(土) 【天草】ヒラスズキ
天草釣行最終日。今日は外せないんで、この辺のアングラーなら誰もが知っている天草最強めちゃヤバ地磯へ行ってきました。

磯に到着し、まずサラシのまったく無いゴロタでレッドペッパーを結び引いてきます、するといきなりバコッ!って水面が炸裂。
普通のヒラ釣りでは考えられないようなシーンをいきなり味わってしまった。サラシ無しでも釣れると言う噂は本当のようだ。
そして再度キャストすると今度は乗った!が、瀬にPEが擦れラインブレイク。わずか2投でレッドペッパーを無くす。
次はちょっと場所移動しショアラインR50で勝負してみると1投目からまたまた飛び出してきた!本当にサラシが無くても
普通にアタックしてくる。しかしこれも何て事か根ズレでラインブレイク・・・うひぃ〜〜なんてこったい。
ちょっと落ち着け、と自分に言い聞かせ今度はタイドミノースリム120を結び大きなサラシの中に投入するとドカッ!っと出て
乗った。今度は魚がデカイ、ドラグが逆転し根の方にドンドン持って行かれる。そしてまた根ズレのラインブレイク・・・。
10分くらいでルアー3個ロスト。これはイカン、って事でリーダーの号数を上げ、長さも延長し1ヒロ半とした。

それからもヒット&バラシが続く。とにかくワンキャストごとに何らかの反応があるくらい魚影が濃い。
たまに30センチくらいのヒラセイゴがアタックしてくるのも笑える、17センチのミノーに平気で来る。
そしてランガンしている間に潮が引き、超本命?らしき瀬に乗ることができた。いわゆる大場所、サラシがめちゃくちゃ広がる
水深のありそうなポイント。どう考えても1投目で来るだろうと思って投げると案の定、1投目で来た!そして無事ランディング。
タイドプールに移しそのまま2投目もヒット!、そして3投目もヒット!!どんなんやここ・・・凄すぎる。
しばらくポイントを休ませ、再度投げるとまたヒット!そしてバラシ。でも次に投げるとまたヒット!!うわぁぁ〜〜い!

さらにさらにポイントを移動。
けっこう北の方に来たら波が落ちてきたんでダメかな?と思いきや、根の際にミノーを落とすとサラシが無くても即バイト。
でもこのやり方は結構リスクを伴う。すぐにハエ根に入られ、またまたPEが擦れてブレイク、SL17バーニングイワシをロスト。
ちょっとここらで休憩。各所タイドプールに活かしてある魚を集めにかかった。
しかしここでまたトラブル発生。なんと潮が引きすぎてタイドプールが干上がり魚が死んでいる、そしてカラス?に目玉を取られて
血まみれになっているヒラが数匹。これはイカン、なんともかわいそうな事をした。
これはポイントが広範囲だと起こりうる典型的トラブルで、次回からはきちんと対策を立てねば、と思った・・・反省。

そして元気の良かった魚を各所から集め写真を撮ったのが午後1時。
もう十分満足したのでここで納竿し帰ることにしました。

熊本県“天草地方”この地で釣りができることに感謝感謝の2週間でした。案外たまに来るからいいのかもしれませんがね。
次回は年末、イカ釣りにもちょっと力入れてやってみようと思ってます。

2010/04/21(水) 【天草】続・ヒラスズキ
昨日の続き。
写真を撮った後、来たルートを振り返って見るとすでに水没。さきほどのヒットポイントへ戻るのは不可能になった。
しょうがないんで今度は北方向へ歩く、しかし不発。また元のポイントに戻り今度は時合い待ち作戦に切り替えた。
この時合い待ちパターンは私の得意とする戦法、なんせ体が楽。人間が動くのではなく潮と魚に動いてもらう訳だから時間的制約
から解除される。また、周りを見渡す余裕とランディングポイントも確実に設定できるのも利点。

そしてその後、本日一番サイズがヒット!焦らずゆっくり、サラシの外、目視できる所に魚を寄せ、針掛かりをちゃんと確認して
からさらに追いアワセを入れる、その際決してエラ洗いをさせないように魚の浮上に注意しラインテンションを調整する。
そして確実にランディングポイントへ誘導しキャッチ。70センチジャスト、ナイスサイズ!
ヒラスズキ釣り。掛けて捕った時のその醍醐味、魚体の美しさ、迫力!この釣りだけは絶対やめれないです。

今日はイカ釣りで牛深〜妙見岩までランガンしましたがボウズ。追いかけてもこない。
相当プレッシャーかかってるのか、それともエギに反応しない時期になったのかよくわからないけどこれは相当重症。
足場の良い釣り場ならともかく、ガレ場&地磯で釣れないのは何故なんだろうか?

2010/04/20(火) 【天草】ヒラスズキ
ちょっと荒れる予報が出てたので朝4時出勤。ポイントに着くといい感じにシケてて、いかにも釣れそうな気配。
小潮の干潮スタートなんで急いで歩く、急がないと本命の瀬に乗れなくなってしまうんで結構必死。

そして磯場に到着。サラシは十分、いつも通りミノーを通すこと2投目で1匹、3投目で2匹目。まるでアオリ釣りみたいな感じ。
タイドプールに魚を泳がせて次を目指す。急がないと水没するポイントがあるんで焦りまくりです。
上げ潮狙いだとこの点がキツイ、ましてここはポイントが広範囲、2〜3投したら次、みたいな感じで一ヶ所で長くは粘れません。
そしてもう1匹追加、その1匹をさきほどのタイドプールに持っていくと1匹が脱走してて行方不明。うわ、もったいない。
残り1匹、また逃げられるといけないんで、とりあえずここで写真撮影。

2010/04/18(日) 【天草】セイゴ
晴天で風もない日曜日の天草。海岸線一帯はエギンガーで満タンなのが容易に想像できます。
こんな日は家でゴロゴロして適当に過ごします。

夜はまたスズキ狙いでポイント入り。今日も釣れるかな〜と期待してたんですが、ヒラセイゴが1匹釣れただけでした。
なかなかそう毎晩毎晩うまくはいきません。

2010/04/17(土) 【天草】マルスズキ
本当は今日明日あたりで天草を撤退予定だったが、やはりちょっと不満が残る。もうちょっとヒラスズキを釣りたいな〜
って事で期限をもう一週間延長。

でも外海が荒れるのはまだまだ先になりそうなんで、今はじっと我慢の内海のヨルマルやアオリしか方法がありません。
最近、天草のアオリは釣り人口の増加でなかなか釣れないのと、正直ちょっと飽き気味なんで、どうしてもマルスズキを
狙うことになってしまいます。そんな訳でいつものポイントに夜中の12時頃から入りました。満潮からの下げ狙いです。

いつもの慣れたポイントなんでヒットする時間や潮位ってのが頭にインプットされています。
大体そうですね、満潮から下げ始めて1時間半前後でヒットする感じです、これは毎回見事に当たります。
そして今日も予定通り1時半前後にドカッ!ってな感じでヒット。昨日の教訓もあり、慎重にファイトしバレを防ぐ。
今日のズリ上げは成功。昨日逃した魚よりは小さいが、ジャスト80センチのマルスズキをキャッチ。
ホント、今も思うが昨日のバラシは悔しくって悔しくって仕方が無い。今更どうしようも無い事なんですが・・・。

2010/04/16(金) 【天草】筏・アジ?・アオリ
今日は天草では初めてとなる筏つりにチャレンジ。狙いはアジ。場所はちょっとマイナーな崎津だが、ここは天草、魚の濃さが
三重とは違うだろうとかなり期待をしていた、また昨日電話した際に船頭も朝は結構入れ食いですよ!とも言っていた。
が、しかしそれは筏に乗った瞬間に違うと感じた。それは表層に一切魚影が見えないこと、潮の色が悪すぎるという事の2点。
こんな時の予感ほどよく当たるもので、結果から言うと、ズバリ当たり一切無しの丸ボウズでした。やれやれ・・もの凄い不信感を
抱き昼近くに筏を撤退しました。この時、方座浦の英勝丸の筏がいかに優れているかを痛感した次第です。

そのまま大江の港へ行き地磯を歩き久しぶりにエギを投げてみるとアオリが一匹釣れた。

夜はヨルマル。夜の満潮が11時頃なのがちょっとキツイが、予定通り夜中12時半頃ヒット!
ヒットした瞬間からドラグが逆転し、なかなか止まってくれなかったんで明らかに90オーバーと確信。そして足元まで寄せ
ズリ上げランディングしようとしたら一発どでっかいエラ洗いでミノーが飛ばされた。めちゃめちゃショックでもう泣きそう。
その後しばらく放心状態。言葉にならずこの日は終了

2010/04/15(木) 【天草】マルスズキ
昨日、一昨日と2日間のヒラ釣行、さすがにヘトヘト。紫外線も相当量浴びていて顔面はカピカピのシワシワ。
なるべく日に当たりたくないのと疲れとで昼間は家でじっとしてました。

夜は久しぶりに一番慣れたポイントでスズキ狙い。久しぶりでよくわからないかも?と頭では思っていたが、ちゃんと体と感覚が
覚えていてくれて、思い描いたコースをトレースするといつもと同じようにヒットしてくれました。
70センチに届くかどうか微妙なサイズだったけど、久しぶりのウェーディングゲームは面白かったです。

2010/04/14(水) 【天草】ヒラスズキ
本日は朝からシケ日、ベストコンディション。
いつものポイントで、朝7時くらいに地磯へ降りるがすでに2人の先行者あり。でもここは下げ潮メインのポイント、時合いは
8時前後から始まると予想。案の定、潮が下げだしたら時合い到来。
今回は自称“花村岩”(以前、東田君が初磯ヒラを捕った場所)で当たりが連発した。
でも1匹しか捕れなかった。捕りやすい場所なのになんてもったいない事を・・・。

結局、その後本命場所に行くが、すでに波が落ちていたのと先行者に叩かれていてダメでした。
午後からの上げで波の復活を期待したが、ここは天草、波の落ちるスピードはハンパじゃなく速く見る見る間に落ちていく。
もうこうなったらお手上げで、おとなしく撤退です。釣れたサイズは50センチ位で軽かったんで今日はキープしました。

2010/04/13(火) 【天草】ヒラスズキ
久しぶりに天草へ行ってきました。土日高速割引の利用で片道2100円。
以前のETC無き時代は大体18000円位掛かってたから、かなり安上がりです。でもやっぱ天草は遠いな〜。

天草市 本渡に到着したのは12日、月曜の夜中。そしてここで地元の名手S田氏と合流しヨルマルゲームを開始。
この一年、打倒S田氏を掲げイメージトレーニングを重ね挑んだ今回でしたが、やはり負け。
もうコテンパンにやられちゃってます。今日もS田氏のみデカマルをゲット、私のルアーにはかすりもしなかったです。
この人と一緒に釣りすると学ぶ事は多いですが、多分に凹みます。使っているルアーを見るとさらにドン引き。
でも結果を確実に出す人だから文句の一つも言えないんですよこれが、むぅぅ〜・・・。

翌日、と言うか今日はヒラスズキに挑戦。
昼前は天草特有のぺタぺタの凪だったけど昼から北西風が強くなりサラシがあちこちに出始めた。
午前中の海況が嘘のようになりあちらこちらのポイントが十分なサラシで覆われ、本命ポイントでついにドスッ!とアタリがきた。
ファイトは鈍重、エラ洗いは一切なし。大型特有のなんとも言えないトルクで浮いてきたのは80をちょい切る位のナイスサイズの
ヒラスズキでした。めちゃ嬉しい!でも重いので持ち帰るのがおっくうになり、しばらく眺めて写真を撮ってリリース。
そして満足して帰る途中、竿を仕舞う前の1投でヤズゴ(ツバス)が一匹。これは軽いのでキープして刺身にして頂きました。

2010/04/04(日) 方座浦
今度は爆釣かも?と期待して再び方座へ行ってみました。
水温は以前と同じく16℃ジャスト。まぁ、これはよろし。
でも、困ったことに水温上昇と共に本命アジ以外の魚種、いわゆる外道ってのが増えつつある今日この頃。
その代表格が新子サバ。とにかく上層から中層、挙句、時には底にまでびっしりとはびこっていて手の付けようがありません。
サビキの針を大きくしようが錘を重くして早く沈めようがまったく効果なし。しっかり唇に掛かって釣れてきてくれます。
せめてもの救いは、その子サバが時々居なくなる瞬間があって、その間になんとか底を取りアジを掛ける事に成功した事でした。
10匹掛けて10匹ゲット。バレも今回は一切無し、パーフェクトでした。

1匹だけ妙に大きいアジが釣れました。余裕の尺超え。
これは刺身にしていただきました。かなりおいしかったです!ごちそうさま。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.