最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/11 伊勢湾
2019/08/09 伊勢湾
2019/08/05 伊勢湾
2019/07/31 伊勢湾
2019/07/30 伊勢湾

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2012/03/31(土) 天草
昨日、予想した通りにシケが入ってたんでヒラスズキポイントへ行ってみました。

前回行った23日からしばらく空けてたんで数も回復してるかと思ってたんですが、そうでもなかったです。
潮も長潮で朝8時半に干潮、シケ具合を見るに釣りができるのは10時までと判断し あちこち叩いて回りましたが2匹で終了。

サイズもそんなに良くなく痩せてるが、とりあえず釣れたから良しとするべきですね。

2012/03/30(金) 天草
今日はシケ始める予報だったけど朝のうちは凪だったんでいつもの青物ポイントへ。
途中、またまた柴田くんと合流w 相当ハマってますね彼も。

ポイントに着くと南向きのためややシケ気味になっていて程よくサラシが出ていたがヒラスズキにはちと物足りない。
最初はとりあえずいつものようにポッパーを引いてみるが、反応無し。て言うかさっきよりうねりが目に見えて大きくなりだした。
たった1時間弱でサラシが瀬際をしっかり覆い、途切れない状態になったんでミノーにチェンジするとちっこいヒラがヒット。

やっとこさ柴田くんの見てる前で魚を釣ることができました。一日通してこの1匹だけだったけど満足満足!
明日はヒラスズキにちょうどいい感じな波具合になると思ったんで無茶せず早めに撤退しました。

2012/03/28(水) 天草
昨日の失敗を挽回せねばと朝5時に家を出て、いつもの青物ポイントへ向かう。
地磯を早足で歩いて急いでいると途中の駐車場に車のランプが見えたんで近づいて行くと、柴田くんでした。
急いで準備をし、2人してそのまま南へ歩いて行きました。

ポイントに到着後、ちょうど朝マズメのいい時間にいつものようにトップを引っ張るが反応なし。
粘っても今日はうんともすんともいわないんで、今日はダメかも?とあきらめかけた頃、またしてもこの均衡を破ったのは
柴田くんでした。この人はなぜかよく釣るんですよねー!またしてもおいしいところ持っていかれました。

その後、柴田くんは10時頃に撤退。私は昼過ぎまで粘ってみましたが玉砕でした。
相変わらず対柴田戦は連敗街道まっしぐら!ってとこです。

2012/03/27(火) 天草
昨日の青物ポイントからの帰り際、明日は沖磯がちょうどいい感じの波になるんじゃないかな?と思い、はいや丸で瀬渡しを予約。
でもこれが大失敗!天草マジック超ベタ凪。失意の中の出船となりました。

沖磯に着き一通りやってはみましたがやはりダメ。ヒラはもちろんの事、青物も来ないし、イカもダメ。
お昼頃には帰ろうかどうか悩んでいたところ、ちょうどはいや丸がやってきて半夜のお客さんを降ろすと、これがなんと以前マル&ヒラを
一緒にやっていた東田くんだった!なんと釣りガールまで連れている!

東田くんは撒き餌の準備等々忙しそうだったが、私は全然ヒマなんでいろいろと昔話をふっかけたり、早く釣るとこ見せてくれ!
と催促したりして邪魔ばかりしていると、それを少し沖から双眼鏡でチェックしてたはいや丸の船長が東田くんから私を引き離そうと
再びやってきたw

瀬替わりしたのは大島の際にあるカモイ瀬。
ここは初めての瀬だったんで、とりあえずエギをしゃくってみると2投目で700g位、5千円のアオリがヒット!
今年の天草はイカが少ないみたいです。

2012/03/26(月) 天草
んん〜〜昨日とあんま変わってないですね〜波が。
でも、今日一日でグッと波が落ちる予報なんで青物ポイントへ行きヒラスズキを狙いつつ、凪いできたらそのまま青物へ移行する。
そんな感じでスタートすることにしました。

とりあえず、ヒラはいないかとミノーを通してみるといきなり青物がきた!なんと50cmくらいのヤズゴが3連発!
これは今日もヒラはいないだろうな〜と思って、先ほどよりタイトに瀬際を攻めるとヒラが尾鰭を出してアタックしてきた!
おっ、いるじゃんか。ならもういっちょ ってな感じで投げると再びバイトしてきたが今度は完全に針にタッチしてバレてしまった。
こうなるともう次は望めないんで、ヒラはあきらめ再び青物狙い。

やや沖にある瀬に向かって最近お気に入りのSL17をフルキャストし普通に回収・・って何の芸も無い事を何度か繰り返して
いると、途中の瀬際を通りかかった際ガツンと一撃!一瞬ヒラか?と思ったがヒラにしては跳ねないし引きが強い。
ヤバイ、青物だ、と気がついた瞬間、自分の左手首は高速モーターと化しましたw 前回、根ズレで痛い思いしてますからね。

そして揚がってきたのは、80cmの傷ひとつ無いキレイなヤズでした。
終わってみれば青物が4匹。いや〜地磯でこれってなんか嬉しいですわ!

2012/03/25(日) 天草
ベストコンディションになりました。が、今日は本物の日曜日でヒラアングラーの多いこと多いこと!
どのポイントに行っても詰まってました。でも潮が高いときに入れないポイントってのがあるんで、そこで待ち伏せすればいいだけ
の事です。休日はむやみに動かないに限ります。

9時半頃、お目当ての瀬に乗れそうな感じになったので降りて行きます。
この時、波が予想よりデカくてちょっとビビりましたが、波に吹き飛ばされてもウエット着てるんで泳げばいいだけ、と開き直って
瀬の先端に陣取り、波の合間を見てキャストすると2投目でゴン!と来てフッキング、そして水中での強い首振りで掛かった魚が
すぐわかった、青物だ。今日のロッドは13.6ftのヒラ用なんで、その長さとしなりで騙し騙し岸に寄せすんなりランディング。
揚がってきたのは85cmのヤズ。SL17を葉巻呑みしてて、フックを外すのが大変でした。

大体、こんな奴が瀬の先端にいるって事はそこにヒラの姿は無い事が多いです。
写真を撮り、再度同じポイントへミノーを通しましたが音沙汰無しで今日はおしまいでした。

2012/03/24(土) 天草
昨日の夜から天気が回復し、今日は朝から強烈な北西風。
西海岸各所をパトロールしてみますが、全部かぶってました!日中は何もできずに終了。

しかし、こんな時でも夜マルがあります。北西風が強いとポイント的に追い風になりミノーがぶっ飛ぶのでさらにイイです。
そしていつものように時合いがくるとバタバタっと釣れてくれます。

今日は3匹。
81cmに80cm、そして64cm。右手に持ってるマルは重かった・・・。

2012/03/23(金) 天草
朝、凄い雨と風の音で目が覚めた。家の前の小川はどちゃ濁り!
海はちょっとシケ過ぎなんじゃないかな?なんて思って戸惑ったが、行ってみないとわからないんでウエットに着替え行ってみました。

ポイントの地磯に着くと、ちょうどいい感じのシケでいかにも釣れそう。やっぱ来て良かった。
ささっと歩いて一つ目のポイントのサラシに第1投、いきなり小型だが飛び出してきた!これはしばらく人が入ってない証拠。
続いてのサラシもその次のサラシでも小型だが飛び出してくる。中には30cm無いような小型もいる。
少々バラシもあったが順調に釣り歩き、一番最後のポイントで65位のをヒットさせ、そろそろ帰ろうか・・・と思ったが、サラシのない
ところで青物でも釣れんかな?と思いSL17をフルキャストし、うねりに乗せ水面をヨタヨタ回収して遊んでいると大きいヒラスズキが
横からゆっくり堂々とミノーをくわえ込んだ。あ〜びっくり!ボラかと思ったw

78cm。天草では久しぶりにいいサイズを獲りました。
目をキョロキョロさせるかわいい感じのヒラスズキでした。

2012/03/22(木) 天草
今日はここ天草でヒラ&マルスズキを釣らしたら右に出る者は居ないと思われる名人、柴田くんと一緒にショア鰤(ブリ)ゲームに
行ってみました。今年の天草はかなり調子が良く、彼もつい先日90オーバーを獲っているし、結構切られてるみたい。

釣り場に入り、2人してべた凪の海に向かってキャストを開始するが、無反応な状態が続く。
ホントに釣れるんかいな?と思い少し場所移動し沖の根の際にうまいことポッパーが入りポッピングしたらいきなりドッパ〜〜ン!と
大きいのが出て根の中にもぐり込んで行く!ラインがどんどん出て行き手元に伝わるギギギ・・・って感触。
あ、ヤバッと思ったその時プッチ〜ン! _ノ乙(、ン、)_

この様子を見てやる気になったのか柴田くん、さっそく場所を移動しアチコチ撃ち始めた。
そしてずいぶんと遠くまで歩いて行った瀬の先端部で魚をヒットさせファイトしている姿が目に入ったんで黙って見ていると無事に
ランディングしたっぽい。私がカメラを手に持ち柴田くんの所まで歩いて行くと、そこにはいいサイズのヤズが横たわっていた。

まぁ、いつもの事ですね。二人で行くといつもこうなります。
でも今回は僕の方が絶対有利です、なんせこれから毎日やれるんですからw

2012/03/21(水) 天草
案の定、快晴の凪々。
イカでも釣りに行こうかと思ったが、昨日の長距離運転&夜マルの疲れがドッと出て体がいうことをききません。
おまけに花粉症で目はショボショボ。こんな場合は昼間寝て、夜マルだけに焦点を当てるに限ります。

今夜もいつもの夜マルポイントで満潮から下げ狙い。
そしていつも通り潮がガンガンに流れる時に連続ヒット!2匹とも同寸の85cm。
こんなのが釣れるのに誰も居ないってのがたまりません!

2012/03/20(火) 天草
忙しかった仕事が一段落、いや、急段落でいきなり暇人に・・・ちょい泣き入ってます。
それならば今のうちにとお約束の遠征地“天草”へと帰省してきました。本当は佐多にも行きたかったけど予算がなく無理でした。

20日
西海岸に到着し、海況を見てガッカリ・・・やはり波2mってのはうそっぱち。
ある意味この天草では波予報に騙される事に免疫ができてるんで、昼間は内湾、崎津でカマスをサビキ仕掛けで釣って暇しのぎ。
サビキといってもやってることはほとんど引っ掛け釣り。投げて底まで落としてしゃくってくるとカマスが引っ掛かってくる誰でもできる釣り。
地元の爺さん達はプロ級、じゃんじゃん釣り上げあっという間に30匹位とかなり上手いです!サイズも良く40センチ位がメイン。
私は10匹位釣るのがやっとで完敗でした。

夜は久しぶりにマルスズキをやってみると好反応で、86cm、83cm、70cm、50cmと4尾も釣れた。
まぁここでこんな事言うのもなんやけど、この釣りは地元の爺さん達には負けんなw

画像の魚は大口開けて死んでるように見えますがちゃんと生きています。この魚は食べないんで、すべてリリースしています。

2012/03/11(日) 方座浦
3/11 あの忌々しい東日本大震災から一年が経過しました。
この震災でネックなのが原発事故、ここが事故を起こさなければ復興は早かったろうに・・・。

3月になって初めてのアジ専筏です。
先週は熊野の沖磯でちっちゃいヒラを1匹バラしたのみ、先々週はアジ専筏で小アジ2匹と散々な釣果で終わってます(泣)
今回もそれなりの覚悟を決めて挑んだんですが、アジの群れは帰ってきてくれてました。
入れ食いとはいかないまでもポツポツと昼までずっと釣れ続く感じ。

こうなるとちょっと余裕がでてくるんで、釣れたアジのなるべく小さい奴をエサにノマセ釣りを開始。
すると一応本命、小さいですがヒラメが釣れてくれました!ヤッター!!

でも、このヒラメのノマセ釣りは他の青物やマトウダイに比べちょっと難しい・・・かな?
そんな感じがしました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.