最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/11 伊勢湾
2019/08/09 伊勢湾
2019/08/05 伊勢湾
2019/07/31 伊勢湾
2019/07/30 伊勢湾

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2012/12/24(月) 熊野
今年最後のまるせいまる。凪なんで、いつも誰も乗らない小さな島でのエギングです。

実を言うと熊野に行くか方座に留まるかを悩んでたんです、昨日の夕方。
迷ったら前進、って格言通り熊野に来たんですが、いざ蓋を開けてみると悲惨なもんでした。
誰も乗らない磯だからアオリが相当温存されてて爆釣かと思いきや朝からまったく無反応、10時くらいまでゼロ釣果でした。
これだけシャクって姿が見えないとなると相当しんどいです、ひょっとして自分ってヘタクソなの?と自信まで無くしてしまいそうです。
ちびっこアオリが初めてエギの後ろに付いてきた時、サイトで掛けてやろうと執拗に食い下がる大人気ない自分にちょっと嫌気が
差した一日でした。

なんとか5杯釣ったけど、皆めちゃんこ小さいです。
3号エギと並べて写真を撮ろうと思いましたが、サイズがばれてしまうのでやめました。

磯は筏と違いリスクが大きいですね。今後どちらに行くか迷ったらおとなしく筏に留まる事にしよう。

2012/12/13(木) 方座浦
氷絞めしたアイゴの棘切り作業は辛いし指が臭いますが、刺身の旨さは絶品!今日もイカ専筏Uです。

天気は雲ひとつ無い快晴。こんなふうに気圧が高く日差しが強い日のイカは×な日が多い。
案の定、それなりにずっとシャクり続けたんですがアオリは3杯のみでした。

しかし今期のエース(笑)アイゴは朝から絶好調!勢いはとどまるどころか増すばかり、今は何をやっても単独過半数が
取れそうな自民党みたいなもんです。
また、釣れすぎても心配ご無用!大手処理班、デンソーの椎ちゃんがいるんで安心です。

イカがダメな日だったんで心おきなくアイゴ釣りが楽しめました。
青物もまだ湾内にとどまってます、届かない所でバシャバシャやってました。届く所でやってくれればいいのに・・・。

2012/12/09(日) 続・方座浦
寒波到来の寒い寒い2日目はイカ専筏Uでアオリやカワハギ狙いです。

カワハギ狙いのエサはいつもイカゲソやスーパーで買ってくるエビの剥き身とかいつも天邪鬼な自分ですが、今回はごくごく
ノーマルなオキアミ(生)を使用、どれほど差がでるものなのか試してみました。

朝イチ、エギでイカを数杯釣った後にカワハギ釣りを開始。
最初の1投目は型のいいカワハギが釣れたんで幸先いいかな、と思っていたら次からは速攻でアイゴになった。
一旦釣れ始めると収まりがつかなくなるんでエギに逃げイカをちょびっと追加し、やや間を空けて再びオキアミを落すと
カワハギが釣れる。このパターンの繰り返しでなんとか騙し騙しやってカワハギを数匹追加できました。
オキアミは針に付けにくいけど食いはいいですね!安いしあまり臭わないし。今後は付け餌レギュラー確定かな。

午後からはエギをシャクってアオリ釣りで、終わってみれば計8杯。
青物はまたしても届かないところでの沸きばかりで一度もチャンスがありませんでした。
すこ〜しずつ、徐々にですが青物釣りたい熱が冷めてきた今日この頃です。

2012/12/08(土) 方座浦
今回も二日連続釣行、早々とこの日に予約していたU野くんカップルにまたまた便乗した寄生虫釣行でした。

初日はアジ専筏でアジやアイゴ狙い。
今日もアイゴが絶好調!U野くんが時折ダンゴを放って寄せて上げて釣る、みたいな。
でも調子に乗って腹いっぱい釣るのはいいけど、港に帰ってからヒレの棘切り作業は正直辛い・・・んでもって臭い!
釣るのもほどほどにしといた方がいいかもです。

青物はまたしても届かないところで沸いてました。今年はこんなパターンばっかり。

2012/12/03(月) 続・方座浦
2日目の今日は他のお客さんが居ないんで、鯛の餌やりまではオトコ瀬の2番でエギング、その後はアジ専筏でアジ釣りです。

昨日、叩いたポイントでのエギングだったんで正直自信はなかったけれど、2番筏は岸際に大きな沈み瀬があるんで、そこまでエギを
届かせる事さえ出来れば1番よりも楽に釣れる。朝イチ無風のひとシャクリで3杯獲ってアジ専筏に移動。

アジ専筏に乗ってからすぐに弓角タックルをセットする。今回持ち込んだのは4.25mの投げ竿にジェット天秤30号。
すごいでしょ!こんなの筏に持ち込む釣り人はまずいないと思います。

本命のアジはポツポツと釣れるが小さいのが多く釣り味はイマイチ。
そのうち底近くまでアイゴが入ってきてアイゴのオンパレードになってきた、今年はなぜかこのアイゴ(バリ)が多いです。
このアイゴ、九州では矢の魚(ヤーノウオ)と呼ぶんですが、内蔵の処理さえしっかりできれば刺身は鯛よりもはるかに美味です!
ヒラマサより美味しいかも?ホントにバリウマです。是非お試しあれ。

破壊力を持った自身満々な弓角タックルでしたが、結局ナブラは射程圏内で沸くことは無く終了した次第であります。
残念・・・また次回に期待し持ち込む事にします。 (`_´)ゞ

2012/12/02(日) 方座浦
青物強化月間だった11月もたったの3匹に終わり、次第に釣れなくなっていく12月になっちゃいました。
まだあきらめたわけじゃないんですが、湾内から青物の去るスピードはとても早いんで次回は無いかもしれません。

今日はエギングです。
前回の23杯は無理だろうから半分の10杯くらいでいいや、と余裕かましてやってみるが朝から絶不調で気配無し。
朝8時の時点で小さいの1杯のみという最悪スタート。

しばらくポイントを休ませるついでにカワハギ釣りをやってみるが、自分この釣りヘタクソすぎ(笑)
なかなかうまくいきません。自分的にはカワハギをたくさん釣る人は尊敬に値しますね。

潮が引ききった午後2時頃、短期集中攻撃でエギをしゃくります。なぜか潮位が低いときは連発するんですよココ。
結果、この時合いで4杯を追加し5杯にできたんで良しとしときましょう。
青物の方はさっぱりで、11月にあれほど居たカモメもほとんど見かけずに終わりました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.