最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年12月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/11 伊勢湾
2019/08/09 伊勢湾
2019/08/05 伊勢湾
2019/07/31 伊勢湾
2019/07/30 伊勢湾

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2010/12/21(火) 続・方座浦
20日 8時以降。

アジ専筏に移動しナブラ撃ちのタックルを組む、そして待つ・・・でもぜんぜん来ない。
しょうがないからサビキ釣りを開始・・・でもぜんぜん釣れない。
あまりに平穏なので久しぶりに寝ちゃいました。

午後3時。寝起きのボケ〜っとした状態でサビキ釣りをしてみるとアジが数匹釣れた。
あ〜あ、今日はこんだけか〜・・何時に帰ろうかな〜・・なんて考えてたら目の前の小魚が一斉に跳ねだし、規模の大きい
ボイルが発生!一発で目が覚め手元に置いてあったジグを投入すると即ヒット!ロッドを筏の網に固定し、いつものように
すぐ2本目のジグを投入するがどういう訳かこれが無視される、数回投げて鼻っ面をまともに通しても無視。
約1分間やってみたがダメでした。
そしてナブラは消滅し本日終了。今日は1匹だけでした。
でも釣れただけよかった〜、ボウズか1匹かでは雲泥の差ですからね、ふぅ〜。

しかし今年の青物は凄い数です、このまま年末までいけるかもです。
うぅ〜、なんとかもう一回行ってみたい。

2010/12/20(月) 方座浦
水温がどんどん落ちてきました。ただいま17℃台前半。
そろそろ青物が沖へ出て行ってしまう時期なので今年最後になるかも?の方座浦に行ってみました。

今日は水温が急に落ちても割とへっちゃらなアオリからスタート。
船頭さんの口ぶりでは、最近ヤエンのお客さんが多く、アタリはあるものの乗せきれないのがほとんどとの事。
プッ、こりゃ相当溜まってるな・・・ガス抜きしなきゃ(笑)

筏に着くなり“うりゃうりゃうりゃぁぁ〜〜!!”としゃくりまくるとじゃんじゃん乗ってくるアオリ達。
この時期のエギングは思った通りに釣れてくれるからやめられない。そのうち1杯は大きくキロ超えサイズだった。
そして、ふと後ろを振り返るとカモメのギャー声とともにハマチのボイルが発生し凄い勢いで沸いていた!
届かない所で。

つづく。

2010/12/12(日) 方座浦
今回は3人で行ってみました。メンバーは久しぶりのO笠君と初めましてのT代君。
彼ら二人はイカ釣りメインだったのでイカ専筏に、私はいつものごとくアジ専筏に陣取りやることに。

私の狙いはもちろんハマチ。でも朝一はアジ釣りを試してみるとポツポツ釣れる、アレ、いつもと違うな〜、怖い青物はもう居ないの
かな〜?と思っていたら後方からカモメのギャーギャー声が聞こえてきてボイルが発生。うん、まだいるな、奴らは、と一安心。
そしてその数分後、目の前の小魚が跳ね出し、やや規模の大きいボイルが発生!待ってましたとばかりにスタンバってたジグロッドで
まず1発目を発射!・・・ヒット!すぐに鬼フッキングを入れてロッドをインチキボガグリップで筏に固定。この間わずか10秒。
続いて2発目を発射!・・・ヒット!やりぃぃ〜〜!決まったぜ〜!と喜んでファイトしているとなぜかフッと軽くなりバラシ。
アレ?ま、いいや、って事で1本目のロッドを回収し1匹ゲット。そしてバレた方も回収してみると針が折れていた。
ちなみに今日は刺さりの良いトラウトフックをジグにあてがってました。あ〜あ、失敗、やっぱ青物は太軸で勝負しないと
ダメですね。反省反省。

結局チャンスはその時だけ、その後もナブラは立つけど遠いポイントばかりという、いつもの残念パターンでした。
イカ専筏に乗ってる二人も残念パターンっぽく、ややダレ気味だったが、夕方O笠君にいい感じのヒラメがヒット。
まともな魚はこの2匹だけでちょっと残念釣果な一日でした。

でもまだハマチの回遊は結構あった。また近いうちに行ってみよう。

2010/12/07(火) 方座浦
今年は秋頃からいまいちパッとせず半ばあきらめていた青物だったが、ここにきて一気に魚影が濃くなってきた。
魚のサイズは例年並みだが、違うのがその数の多さ!今まで見たことないような規模のナブラが立つのが今年の特徴。
なんせその音が凄い!ゴロタサーフに波が押し寄せるかのごとくザザザーー!なのである。あと、カモメの多さが例年の2倍以上。
今がチャンスです、今やらなきゃいつやるの?ってな感じです。

今回も2日連続でアジ専筏に乗ってきました。
1日目。ボイル自体は凄まじいのが多かったけど、届かない所での沸きなんで釣果に結びつけることができず1匹のみで終了。
そして今日。昨日と同様に凄まじい沸きが自分の乗ってる筏周りで朝から連発でした。もうとにかく筏周りの小魚を食い尽くす
勢いでハマチが暴れ回っててもう大変!こっちも頭の中は大パニックでした。しかしこんな大ナブラのくせにジグが大きいと食って
こないから不思議です、40g以上のジグだと無視されます。釣れるのは決まって1oz(28g)までのジグばかりでした。
その中でもダイワのTGベイト(タングステン・30g)は効果絶大です、小さくてよく飛ぶ、これ最強。

空振りやバラシも多かったが一日中どこかでナブラが沸いていて、絶えずドキドキ緊張しまくりの楽しい一日でした。
問題はこの状態がいつまで続くのか・・・これに尽きます。仕事が空いたらすぐにでも方座浦に駆けつけたい気分です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.