最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/07/18 タコ釣り
2019/07/13 タコ釣り
2019/07/08 タコ釣り
2019/06/29 タコ釣り
2019/06/25 タコ釣り

直接移動: 20197 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201612 10 8 7 6 5 4 3 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 7 5 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200410 月  20034 1 月 

2009/06/26(金) うなぎ釣り
今夜もデカイのを釣ってやろうと意気込んで昨日と同じポイントに入りました。
船着場で諸戸パパが『小さくてもいいからリリースするなら少し分けてよ』と注文を受けたんで、やや気合が入る
ものの運の悪い事に明日は仕事になってしまい予定していた船中泊プランが消滅。
じっくりと腰を据えて狙う事ができなくなってしまいました。

まぁ、だけど何とかなるでしょ?と変な自信みたいなのがありましたが、微妙にポイントがずれてたんかな?
アタリは少なく針掛かりするうなぎも無く時間だけがどんどん過ぎていきます・・・。

そんな中、ゴミが引っ掛かったように竿をおじぎさせ鈍重な引きをして上がってきたのは昨日のデカうなぎより
やや小さい位のナイスサイズ。とりあえずボウズは逃れたんでこれで良しとし、船着場に引き上げました。

諸さんに献上すると約束してたんで諸さんの船の生け簀にドボンし、諸さんに『小さいのが一匹だけ釣れたんで
生け簀の中に入れといたでね〜!』と電話し家に帰りました。多分、明日はびっくりするだろ〜な〜、諸戸パパ(笑)
めでたしめでたし。

2009/06/25(木) うなぎ釣り
昨日の好釣果からして、濁りが残っていれば今日も爆発する可能性が高いと踏んで昨日と同じポイント
にアンカーリングし、まだ日が高いうちから昨日同様に竿を出してみました。

ところが、昨日とは濁りの度合いが違い日が高いうちは殆ど反応が無く、掛かるのはゴミばかり。
しかし、暗くなる寸前からラッシュが始まり昨日同様メソが連発。あがってくるメソはラインにぐるぐる巻きの
団子状態で船上は修羅場化、こればっかりは見てて痛すぎるがどうしようもない。
その後も満足できるサイズが1匹しか釣れず、このまま帰るのが嫌だったんで下げ潮延長戦に突入。

トモのアンカーを外しそのままポイントをキープし船の向きを川の上流に変えてから再び時合いが始まった。
でも相変わらずメソの猛攻ばかり続き、いい加減こりゃダメかな?と、あきらめてた時に1本の竿に微妙なアタリが出た。
鈴が鳴らないような微妙なアタリで竿先のケミが小刻みに震える、ゴミ?ん・・・?
ま、いいや、アワセちゃえ!って感じで竿立てから竿を抜きラインの回収をはじめるとグネグネとしたうなぎ特有の引きで
お、これはいいサイズ!と思い焦らず船べりに寄せてくるが、うなぎにしては珍しく時折リールのドラグが逆転し
ラインが出て行く。そしてその姿を確認したときに抜き上げは不能と判断し久しぶりにタモ入れで終了。なんかデカイです![*目*]

もちろん大きさの記録も更新。そして数の方も13匹と更新。結局そんな感じで船着場に帰った時間は朝の4時でした。
しかし、デカうなぎの顔って、『うなぎ犬(天才バカボン)』になんとなく似ているような気がしました。口もデカイです。

2009/06/24(水) うなぎ釣り
昨日に引き続き今朝もザーザーの雨。川の濁りも昨日に引き続きカフェオレ状態。
まだ日が高いがちょっと早めに出船し、ポイントへアンカーリングし餌を放り込むと3分もしないうちに1匹目が
釣れた。おぉ、スゲ!そしたらまたすぐ2匹目、3匹目・・・でもメソばっか(-_-)
その後も勢いは止まらない、鈴がリンリンとうるさい!弁当食う暇もない位忙しい。でもメソ多し。
1匹だけかなりデカイのを掛けたが足元でさよ〜なら、ってなんでバレるねん!メソはバレんくせに超悔しい。

結局、8時半の潮止まりまでやって11匹。
これ一応数の自己記録です。欲を言えばもうちょっとサイズ上がって欲しいな〜、ってのが本音だが今ニートの私には
明日も明後日もいくらでも時間があるんで、ある意味最強なのです。明日も楽しみ(^→^)

2009/06/23(火) うなぎ釣り
昨日の雨で濁りが入り、夕マズメの明るいうちからアタリがじゃんじゃんありました。
濁りが入った場合は明るいうちから釣れることがわかったんでひとつ勉強になりました。
この分だと明日もいい感じかも?(^皿^)

2009/06/21(日) うなぎ釣り
今日も昨日とほぼ同じポイントにアンカーリングしてやってみました。
昨日から今朝にかけ降った雨でゴミが多い流れでしたが活性は高いみたいでアタリはそこそこあり退屈しない程度
に釣れてくれました。あと、今シーズン最大クラスが出ました[*目*]!やっぱ面白いな〜〜うなぎ釣り。[*チョキ*]

2009/06/20(土) うなぎ釣り
最近いつものポイントが芳しくないんで、今日は違うポイントに船を泊めてやってみる事にしました。
水深は約4m、潮は大潮前の中潮で下げ潮全開モード、風は南東で天候は雨、水温25℃。とまぁこんな感じの状況です。
明るいうちから釣り開始。どうせダメだろうと思いきや、いきなり2本の竿が同時にしなり、2本ともうなぎをゲット。
その後も雰囲気満々でしたが餌のミミズが無くなった事や、雨が酷くなってきたんでやむなく撤退。

でも今日はいいポイント見つけました。また次行こ。

2009/06/19(金) しじみ掘り
前日の晩から船中泊プラン?でうなぎ釣りを開始。
でも全然ダメ、ん〜〜困った・・・って事で船の掃除を兼ねた砂場に座礁作戦のついでにしじみ掘り。
やっぱたくさん採れました。

2009/06/12(金) うなぎ釣り
おととい降った雨の影響でやや濁り気味。
世間一般でうなぎは濁りがややあったほうが釣れると言うが私は今までそのような状態でいい思いをしたことが無い。
濁り自体はいいとして、副産物的に葦やゴミがラインに絡むのが非常にうっとおしい[*ブチッ*]
あと、水温の低下もあり嫌な事の方が多い。そしてなぜか鉛筆サイズばかり釣れるのも特徴のひとつ。
まぁ何も釣れないよりはいいけどね。

2009/06/09(火) うなぎ釣り
なんか梅雨入りみたいですが、本日も予定通り、うなぎんぐしてまいりました。
船をアンカーリングした時点での状態として、潮は上げ、水温は23℃、曇り空で無風べた凪。
竿はいつも通り4本で、餌を付け投げ込むとすぐにアタリがあり3本連続ゲット!活性はかなり高くその後も
アタリは多かったがミミズの先ばかり食いちぎられ針掛かりはしませんでした。
そして満潮を迎えその後は下げ潮ガンガンで釣りにならず・・・。でも今日はうなぎ釣りらしい時合いの釣りでした。

ん〜〜でもリリースサイズばかりってのがちょっと悔しい。

2009/06/08(月) うなぎ釣り
今日は未明から加藤君ら5名で知多半島アオリに行ってきました。
でもダメ、みんな釣れるのにちょっとショック・・・。
でもまぁいいや、そのうち筏や磯行って釣りまくったろ!もうちと金回りよくなったらやけど(^o^;

夜は少し遅れていつものポイントでうなぎ釣り。
めちゃんこ小さいのが2匹で今日はもうダメか・・と寝てたら深夜の潮止まりに鈴が鳴り、起こされて回収してみると
いいサイズのが釣れてました。ハハハ、寝てて釣れたら儲けもん!うなぎ釣りにはこれがあるからいい。

水温は23℃。あと、チビ2匹はもちろん船着場でお帰りいただきました。

2009/06/01(月) うなぎ釣り
いよいよ最盛期入りの6月、これからが本番。
昼間にドバを再補給し、夕方からいつものポイントにアンカーを降ろし夜中まで粘りましたが
反応は鈍かったです。潮止まりがマズメ頃と重なったためかな〜?時合いが9時以降になってしまい当たりが
限定的になってしまったようです。北西風でちょっと寒かった。水温22℃は相変わらずキープ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.