ウルウル日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/05/24 微妙な判定
2019/05/20 9日目
2019/05/17 トランプ杯
2019/05/13 ダイアモンド
2019/05/10 さて五月場所!!

直接移動: 20195 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 月 

2009/07/03(金) 永遠に
今日は曇りだったが、夜になって結構降って来た。
ドモ佐藤現です。

そのロクバンカイミーティングでの事。
バンドやってて楽しい?
とシンプルかつ深い質問を投げかけた?
何が楽しい?何をしてる時が?
氏はう〜んと唸ったまま腕を組んだ。
俺は言った。
俺は全然楽しくないよ、と。
しんどくてしんどくて。
崖を昇るようなもの。
行っても行っても行く先は雲の上に霞んで見えない。
つうか見る事も出来ない。
目の前の壁を昇るのに必死で。
常に冷たい風がピューピュー吹き荒ぶ。

ただそういう事が好きなんだな。
そういう所にいる自分が。
そういう事を目差してる自分に誇りを持ちたい。

週プロで猪木が言ってた。
リングで死ぬなんて名誉の旅立ちだと。
死ぬのが恐ければ辞めれば良い。
あの猪木がちょっと羨ましいような感じで言ってる。
レスラーがリングで死ぬ事は憧れに近いのか?
死を背負い戦う誇り。

猪木の記事を見て己の愚かさを知った。
俺はあれ以来、絶望感に支配され続けていた。
プロレスは死んだと思った。
三沢の死でプロレスは終わると思い込んだ。
だがそうではないのだ。
三沢は名誉の旅立ちをして。
プロレスは永遠になったのだ。

常々思う。
死ぬのが恐いのではない、何も出来ずに死ぬのが恐いのだ。
それはリングの上もステージの上も一緒ではなかろうか。
それだけではない。
仕事、家庭、人生それぞれの中で戦いはある。
明日命終わろうと悔いのない生き方をしたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.