観戦日記etc
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2017/09/20 対巨人戦
2017/09/02 対中日戦
2017/08/17 対広島戦
2017/08/05 対ヤクルト戦
2017/07/08 対巨人戦

直接移動: 20179 8 7 6 5 4 3 月  20169 8 7 6 5 4 3 月  20159 8 7 6 5 4 3 月  201410 9 8 7 6 5 4 3 月  201310 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201211 10 9 8 7 6 5 4 3 月  201110 9 8 7 6 5 4 3 月  201010 9 8 7 6 5 4 3 月  200910 9 8 7 6 5 4 3 月  200810 9 8 7 6 5 4 3 月  20079 8 7 6 5 4 3 月  200610 9 8 7 6 5 4 3 月  200511 10 9 8 7 6 5 4 3 月  200411 10 9 8 7 6 5 4 3 月  200312 月  200212 月 

2006/07/28(金) 対ヤクルト戦
甲子園 1塁アルプス
 
 いきなり1点のビハインドを背負うが、毎度のようにあと1本がでない!
 それでもチャンスが潰れたかと思いきやOXに代打。
 ヒーやんの痛烈な1塁ライナーでエラーを誘い同点に!
 その後、江草が珍しく3人を片付けダーウィン、ウィリアム、球児へと繋ぐ♪
 その間チャンスを作るものの相変わらずあと1本、犠牲フライすらでない!
 そして延長10回裏、先頭のアニキが2塁打で出塁し、シーツが敬遠、
 鳥さまが四球を選び無死満塁のサヨナラのチャンスを掴む!
 打席には前の得点チャンスで凡退に倒れた矢野!
 ライトへ浅いライナーを飛ばし、ライトが捕球体勢を崩しながら本塁へ送球、
 同時にアニキがタッチアップをする。送球が僅かにそれてサヨナラのホームイン♪
 
 再三に渡る野手の好プレー、投手陣の踏ん張りとで守り勝ちのゲームであった!

試合結果 ◎2−1

2006/07/19(水) 対巨人戦
甲子園 ライト外野
 
 阪神は右のエース福原の先発!
 対する巨人はエース上原。
 息詰まる素晴らしい投手戦と早い試合展開でゲーム終盤の8回に先頭打者の
 鳥谷が好走塁による2塁打で出塁!
 続く矢野が犠打を見事を決め、鳥谷が3塁へ!
 そしてセッキーがセンターへ浅い飛球を打ち上げ、鳥谷がアウト覚悟で
 タッチアップ、センターからの送球がマウンドで大きく跳ねるというツキが
 出てようやく1点をもぎ取る♪
 最後は球児が四球を出しながらも三者を三振に取りゲームセット!

 終わってみれば阪神がヒット4本、巨人が2本と完全な投げ合いであった。

試合結果 ○1−0

2006/07/15(土) 対中日戦
京セラドーム大阪 1塁特別指定席

 先発、井川が無難な立ち上がりをみせる♪
 1回に右打者でチャンスを作るものの天敵山本昌に抑え込まれる・・・・・
 2〜5回までパーフェクトに押さえ込まれて嫌な空気が漂う中、
 6回に井川がウッズにソロHRを浴びてしまう・・・・・
 その裏2死走者無しからレッドがバントヒットを見事に決め出塁♪
 次打者の濱ちゃんがライトフェンス直撃の2塁打で同点!
 続くアニキが1塁手の横を破る痛烈な2塁打でついに逆転!
 JFが走者を出すものの後続をピシャリと抑えゲームセット!

 こういう勝ち方の勝利は阪神にとって、とても大きな収穫になったであろう!
 
試合結果 ○2−1

2006/07/11(火) 対広島戦
甲子園 1塁アルプス

 投手陣の中で一番安定感のある福原の先発!
 序盤に矢野のタイムリーが飛び出して先制!
 あまり期待していなかった福原にもタイムリーが出て
 追加点を奪う♪
 毎回ランナーを出すが後続をピシャリと抑えるが
 疲れが出た7回に1点を奪われるものの、勝ちパターンの
 JFと繋ぎ完璧に押さえ込む!

 早く打線が開花して欲しいもんだ!

試合結果 ○2−1

2006/07/04(火) 対横浜戦
京セラドーム大阪 1塁内野指定席

 先発福原の立ち上がりを攻められて先制、追加点を奪われる!
 右打者をずらりと並べポジションも打順も変更し、超攻撃オーダーに
 するという荒治療にも係わらず打順が2巡しても相手投手を打ち崩す
 気配が全く見受けられずに中盤へ突入!
 55イニング振りに野手のタイムリーが飛び出して1点差に詰め寄り、
 相手投手の急な乱調により四者連続四球のプレゼントを貰い、ついに逆転する!
 その後のチャンスにも後続が続くことができないという悪い流れを引きづる。
 7回に林威助のレフトが動けない程の特大HRが飛び出し、その後に
 チャンスを掴むが、またしてもあと1本がでない!
 打線が繋がる試合を早く見たいものである。

 勝利をプレゼントしてもらった感じのゲームでした。
 
試合結果 ○4−2


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.