社会福祉士 受験支援セミナー 日替講座
社会福祉士・精神保健福祉士試験の受験対策 ⇒新ブログhttp://miseki.exblog.jp/ に移行しました
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2011/01/20 援助技術論等、事例問題対策3<練習問題>
2011/01/19 援助技術論等、事例問題対策2<練習問題>
2010/12/27 地域福祉論・web講座1
2010/11/30 前回セミナーの復習:ソーシャルワーク関連科目・練習問題
2010/11/26 ソーシャルワーク関連科目・練習問題(歴史)

直接移動: 20111 月  201012 11 10 9 8 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 月 

2009/03/25(水) 地域福祉論・練習問題
*地域福祉論 本日の練習問題
 解答は下方に表示されます。ご注意ください。

問題5 適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 市町村地域福祉計画は、平成15年度以降,すべての市町村で策定することが義務付けられている。
B 市町村地域福祉計画は、保健・医療・福祉の総合的展開と教育,住宅,交通等の連携の強化を目指すことが求められている。
C 市町村地域福祉計画は、社会福祉法により、住民等の参画により策定され、その内容を公表することが求められている。
D 市町村地域福祉計画は、地域住民,行政,民間の社会福祉関係団体等がそれぞれの役割を確認し,協働するあり方を具体的に示すことが求められている。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × ○ ○
3 ○ × × ×
4 ○ ○ ○ ×
5 × ○ ○ ○

問題6 次の文章の空欄A、B、Cに該当する語句の組み合わせとして、適切なものを一つ選びなさい。
地域福祉の計画化は、1960年代に社会福祉協議会が(   A   )の原理を取り入れて進めていたが、1970年代には在宅福祉サービスの制度化に取り組み始め、1980年代に入って地域福祉計画の策定を始めた。しかし、行政も社会福祉計画を作成し始め、福祉関係8法改正以降は市町村に地域福祉計画の策定の努力が義務づけられたため、1993(平成5)年から、社協の策定する計画を(   B   )に改めた。この社協の計画は社協の発意により福祉サービスの提供を(  C  )の立場で独自に企画・実施するもので、行政の地域福祉計画と相互に補い合い、統合化する視点が必要である。
 (組み合わせ)
   A        B         C
1 福祉コミュニティ   新地域福祉計画  第三セクター
2 コミュニティ・ケア  地域福祉計画   福祉公社
3 コミュニテイ・オーガニゼーション  地域福祉活動計画  民間
4 コミュニティ・ケア  地域福祉活動計画  半官半民
5 コミュニティ・オーガニゼーション  地域福祉計画  行政

問題7 次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 都道府県地域福祉支援計画に盛り込むべき事項は、社会福祉を目的とする事業の従事者の確保や資質向上に関する事項が含まれる。
B 都道府県には、市町村地域福祉計画の作成を促進するため、地域福祉支援計画の策定が義務づけられている。
C 都道府県地域福祉支援計画の策定に当たっては、公聴会の開催等住民等の意見を反映させることが求められている。
D 市町村地域福祉計画に盛り込むべき事項には、地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項が含まれる。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × ○ ○
3 ○ × × ×
4 × ○ ○ ×
5 × ○ × ○

===========================
<解答>

問題5  正答5
A 誤り。正しくは「市町村地域福祉計画は、平成15年度以降,すべての市町村で策定の努力が義務付けられている。」
B C D 正しい。

問題6 正答3
地域福祉の計画化は、1960年代に社会福祉協議会が(Aコミュニテイ・オーガニゼーション)の原理を取り入れて進めていたが、1970年代には在宅福祉サービスの制度化に取り組み始め、1980年代に入って地域福祉計画の策定を始めた。しかし、行政も社会福祉計画を作成し始め、福祉関係8法改正以降は市町村に地域福祉計画の策定の努力が義務づけられたため、1993(平成5)年から、社協の策定する計画を(B 地域福祉活動計画)に改めた。この社協の計画は社協の発意により福祉サービスの提供を(C 民間)の立場で独自に企画・実施するもので、行政の地域福祉計画と相互に補い合い、統合化する視点が必要である。

問題7 正答2
A ○ 都道府県地域福祉支援計画に盛り込むべき事項は、社会福祉を目的とする事業の従事者の確保や資質向上に関する事項が含まれる。
B × 正しくは、「都道府県には、市町村地域福祉計画の達成に資するため、地域福祉支援計画の策定の努力が義務づけられている」
C ○ 都道府県地域福祉支援計画の策定に当たっては、公聴会の開催等住民等の意見を反映させることが求められている。
D ○ 市町村地域福祉計画に盛り込むべき事項には、地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項が含まれる。

<ポイント>
*市町村地域福祉計画
 社会福祉法107条に規定されるように,地域福祉の推進に関する事項を一体的に定めるために市町村が策定する計画のことであり,@地域における福祉サービスの適切な利用の推進に関する事項,A地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項,B地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項をその内容とする(2003年4月施行)。
 また,市町村地域福祉計画を策定し,または変更しようとするときは,あらかじめ,住民,社会福祉を目的とする事業を経営する者その他社会福祉に関する活動を行う者の意見を反映させるために必要な措置を講ずるとともに,その内容を公表するものとされている。


<こちらも学習にご活用下さい。>
■公的扶助論(生活保護制度)web講座
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9517/1225585731/
■社会福祉の歴史 web講座
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9517/1226020506/

<受験支援セミナー 編集者HP>
http://homepage3.nifty.com/misekiya/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.