堕落の底
DEZI(Killstyle)の徒然日記。気合い入り過ぎて逆に不定期更新中!!
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2012/05/08 killstyle 6/10(sun)大塚RED-Zone LIVE詳細決定!!
2012/04/22 大塚レッドゾーン
2012/04/14 37歳の地図
2012/03/26 どうしようもない恋の唄
2012/03/03 killstyleライブ告知!!

直接移動: 20125 4 3 月  20119 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月 

2011/02/23(水) 赤い空の下で
作詞/作曲:φKl(THE STREET BEATS)
赤い空の下で子供達は祈った
正義の名のもとに未来が消えぬように

少女は踊る 裸足のままで
今夜 悪い夢が現実になった
神を信じてきたから天国に行けるだろうか
誰もが「偉大な指導者」には会ったこともない

名もなき兵士は踊る 銃撃のリズム
彼等をつき動かすのはクールな狂気
誰かが呼んだ声は爆音に消えた
残してきた恋人の顔が浮かんだ

赤い空の下で子供達は泣いてた
炎につつまれて未来は灰になった
何度くり返すのか
どこに「正義」があるか教えてくれ

いつかこの戦いも終わる時がくる
消せない罪と悲しみだけを残して
どれだけの血を流せば何が得られる
そこには正義も悪も まして神もない

赤い空の下で子供達は焼かれた
正義の名のもとに未来は灰になった
赤い空の下で兵士達は焼かれた
正義の名のもとに魂は空に舞った
赤い空の下で−
赤い空の下で罪なき人が焼かれた
正義の名のもとに俺達も手を貸した
赤い空の下で−



革命の渦巻く映像を見ながら

なぜか、ビーツのこの詞を思い出した。

革命は戦争ではないはずなんだが

暴徒と化した民衆を見て

どうしようもない違和感を感じたのは確かだ。

彼らは何処に向かっているんだろう。

そして世界は何処に向かっているんだろう。


この歌詞の様なことを繰り返さない様に。

ただそれだけを祈る。


おやすみなさい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.