堕落の底
DEZI(Killstyle)の徒然日記。気合い入り過ぎて逆に不定期更新中!!
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年11月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2012/05/08 killstyle 6/10(sun)大塚RED-Zone LIVE詳細決定!!
2012/04/22 大塚レッドゾーン
2012/04/14 37歳の地図
2012/03/26 どうしようもない恋の唄
2012/03/03 killstyleライブ告知!!

直接移動: 20125 4 3 月  20119 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月 

2009/11/18(水) おまえの血を絶やすな
HEATWAVEと松田優作に彩られた11月15日・16日。

「生き様」について考えさせられた2日間。



天地を揺るがすグルーヴと美しい旋律のど真ん中を走る山口洋の唄。

抗い続ける男の唄。

HEATWAVEの曲・山口洋の詞は、聴き手の状況・環境によって違った景色や考えをもたらす。

闘ってなかった頃の自分。

闘う術を模索していた頃の自分。

そして今、闘っている自分。

色々回想しながら聴いていた。


ライブを拝見するのは3回目だが、初めてしっかりと向き合えて聴けた気がした。


しかし活動30周年ってすげえな。

すげえけど、これからも宜しく。

貴方を必要としている人が絶えることはないと思うから。




そして、松田優作。

死して尚、彼に「おまえはそれでいいのか?」と問いかけられている人は多いと思う。

今までも優作さんに関するドキュメント小説や映像を色々観てはきたけど、改めて最敬礼。

彼のスピードは速すぎた。

速すぎて誰もついていけなかったから、人々は問いかけられるのだろう。

「生きているのは、おまえか、俺か」ってキャッチコピーの意味も理解できた。



生きることによりメッセージを送り続ける男

死して尚メッセージを送り続ける男。


その二人に彩られた2日間は疲れたけど、充実した2日間だったよ。


俺は、ちゃんと俺自身の血を流し続ける。


一つは仕事で

もう一つは音楽で。

さらに言えば私生活で。



どれも切れない。

切るつもりもない。


当然のことだけど

一生懸命働いて

一生懸命唄います。


日々是精進。

ではでは。

☆☆☆ライブ予定☆☆☆
11月30日(月)@大塚Red ZONE(http://www.blue-ocean.jp/
「Daizo PRESENTS 独奏魂 vol.4」
[出演]
・Daizo
・上田仁
・日比谷カタン
・櫻知彦
・デジママサナオ一人旅

OPEN / START : 18:30 / 19:00
ADVANCE / DOOR : 2,200 / 2,500


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.