堕落の底
DEZI(Killstyle)の徒然日記。気合い入り過ぎて逆に不定期更新中!!
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
最新の絵日記ダイジェスト
2012/05/08 killstyle 6/10(sun)大塚RED-Zone LIVE詳細決定!!
2012/04/22 大塚レッドゾーン
2012/04/14 37歳の地図
2012/03/26 どうしようもない恋の唄
2012/03/03 killstyleライブ告知!!

直接移動: 20125 4 3 月  20119 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月 

2008/02/23(土) 風の強い日
久方ぶりに渋谷へ。

前々から気になっていた映画「ジプシー キャラバン」を観た。


ストーリーは…

「インドに起源を持ち、11世紀から全世界に散らばったジプシー。今なお続くロマ/ジプシーへの言われ無き差別と迫害の中で、彼らが奏でる音楽は強靭な響きを持っている。カメラはスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが6週間を掛けて北米の諸都市を廻る「ジプシー・キャラバン・ツアー」を追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねる。それぞれの場所で重ねてきた年月がステージの上でひとつになり、圧倒的な力で心を揺さぶる。音楽を通して、人間が生きて行くことの本質的な悲しみ、そして喜びが映し出されたドキュメンタリー」

…てな感じ。

抜粋でごめんなさい。


もうね、完全にヤラレました。

セブ島に行った時にも思ったんだけど、

生活の中に「自然に」(←ここ大事)音楽が溶け込んでいる人には勝てない。

なぜならそこに確固たる血が流れているから。


なんだかんだ言っても、この人達から見たら俺らは血は薄いんだろうなぁ。

何をやっても「○○風」「なんちゃって○○」なんだろうね。

知識の中のルーツと、体の根底から染み込んでいるルーツには天と地ほどの差がある。

ジプシーの壮絶な生き様と、それに裏打ちされた音を聴けてよかった。

震えた。



見終わって、渋谷の街を歩く。

町並みは好きだけど行き交う人はそんなに好きじゃねぇな。

まぁ昔と変わらない印象だな。



「俺は俺なりに自分に嘘のない音楽をやろう。

そん時の自分に嘘のない音楽を」

そう思った週末。


風の強い日。

2008/02/19(火) 存在
それは尊いもの

太陽の様なもの



いつの間にか特別な誰かを探している

目線泳がせる



たどり着いて抱擁



眩しい笑顔と体温の温かさに救われる


初めての感覚

今まで自分が嬉しかったことなんて比べ物にならないくらいの嬉しさ



優しさに飢えているのなら

俺も君の太陽になりたい


だから俺はいつでもここにいる


そんな存在





あっ、そういえば昨日

体にアルコールを入れなかった

久々な感覚だったよ

2008/02/16(土) 腐った夜
俺は何かを失った?

別に何も失っていない

元々何も持ってない

むしろ何も手に入れていないんじゃないか


それ故に前へ進まなきゃ話にならんのよ




…なんてことを考える夜は

とてつもなく長く感じる


こんな夜

くだらねぇし

どうでもいいわ




酒飲んで

くたばって

朝が来たら

太陽に唾を吐く



何も答えもくれやしない

アルコールに縋り付く




腐っとる

うん、腐っとんなぁ自分


いちいち揺れんなよ自分



たまには自分が嫌いな夜があってもいいか

2008/02/15(金) 一人酒。
そうやって

何回も繰り返し

ここまで来て

また繰り返した。



私情は挟まない。


語る資格もない。



前へ。


ただ前へ。

2008/02/14(木) 孤独のメッセージ
哀れまなくていい

不安にならなくてもいい

自暴自棄になったわけでもない

笑われてもいい

誰かの海に存在する刹那的な現実逃避の港でもいい



愛ゆえに

孤独の海を泳ぐ



その覚悟はできたよ



今日も晴れそうだね


笑顔に会えるかな?

2008/02/13(水) 無償の愛
ブラウン・バニーのサントラが部屋にリフレインし続ける休日。



目の前に無償の愛があって

そこに未来がないとしても

我が身がボロボロになるとしても

俺はその中で生きていたい。


誰かの笑顔を見られるのならば。

2008/02/12(火) FOREVER AWAY
突き刺す寒さも和らいだ冬の散歩道


君のすべてを知るには

この道は短すぎる


短すぎるよ



今宵借りたCD

映画「Brown Bunny」のサントラ。

ジョン・フルシアンテの

声が

フレーズが

心に刺さる。



切ない旋律とメロディ。


名盤を聴きながら缶ビールを煽る。

悪くない。


映画は大嫌いだったけど

このサントラは大好きだ。



あら、裏腹ね。



そんな夜。

タイトルはBrown Bunnyのサントラに入っていた曲。

絶品!!



ちゃお♪

2008/02/10(日) ふれていたい
弾ける笑顔

流した涙

まっすぐな視線

若干揃い気味な前髪

安いアルコール


それらに救われた週末



心からありがとう


欲を言えば

もっとふれていたい

もっと知りたい

もっと話したい

もっと見ていたい

人間の単純な欲求が渦巻いてるぜ



あっ、新しい相棒を紹介します。

Martin 000-15。

名前は「M嬢」



憧れのMartin。

オールマホガニーの裸体。

エロくて、ちょっと小柄でデリケートな相棒。

良い声を出すのよ。

俺にとって大事な相棒。

大切な思いをこめた相棒。



魂を込めて鳴らしてやるぜ。

愛を込めてふれてやるぜ。


3月11日のライブでお披露目。

相棒と初デート。


みなさん、お楽しみに。

誰よりも楽しみにしてるのは俺だけど。



そんな昼下がり。

ちゃお♪

2008/02/07(木) 春が来る頃には
大丈夫だぜ

頭ん中では理解できてる

受け入れることもできてる



だけど今はまだ

心が

気持ちが

痛いだけ


やっぱ簡単には切り換えられないや



ただ、それだけのこと

ただ、それだけのことですよ


しょうがない奴だね〜



大丈夫

春が来る頃には

きっと大丈夫



春が来る頃には

2008/02/04(月) ☆☆ライブ告知☆☆
3月11日(火)

大塚レッドゾーン

詳細は後日!

魂見せるからお時間ある方は是非!!



最近、なんだか疲れが溜まっててね、やばいね。

仕事中へたりこむ事も増えたなぁみたいな。

就職してたかだか1年経ったくらいで何やってんだよみたいな。

自分で自分が情けなくなることもしばしばです。

「自分を愛する」って根底はブレてないんだけど

「もうちょっとタフになれよ、男だろ」的なとこはあります。


だせぇ歳の取り方はしたくねぇんだ。

誰に胸を張りたいわけではなく

テメェが胸を張れるイキザマをテメェに見せたい。

自己完結?

それでも結構。

テメェが納得できなかったら人に何と言われようとハッピーじゃない。

自分と向き合い生きていくぜ。

変化しながら向き合っていくぜ。



こんな不器用な男の叫びを聴きたい方は3月11日の予定空けておいてくださいね!

てなわけで。


ちゃお☆

2月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.