堕落の底
DEZI(Killstyle)の徒然日記。気合い入り過ぎて逆に不定期更新中!!
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2012/05/08 killstyle 6/10(sun)大塚RED-Zone LIVE詳細決定!!
2012/04/22 大塚レッドゾーン
2012/04/14 37歳の地図
2012/03/26 どうしようもない恋の唄
2012/03/03 killstyleライブ告知!!

直接移動: 20125 4 3 月  20119 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月 

2007/03/31(土) ライブ映像のこと忘れてた!!
http://www.livecheers.com/top.html

ここの「再放送」ってとこをクリックして

@「大塚RED ZONE」の「3月19日」を探す。

A名前で検索する。

Bジャンルでブルースを選択して探す。

この3つの方法のどれかひとつで観れます。

会員登録とかしなきゃいけませんが無料だし、すぐ終わるんでお時間ございましたらどうぞごらんください。

「7ポンドの青い星」って曲が流れます。

かっけ〜んじゃないかと思います。


ではでは。

チャオ♪

2007/03/30(金) サクラサク
今日は1月末に受験した第9回精神保健福祉士国家試験の合格発表だった。

インターネット混みあうだろうなと思い、クラスメートの村上さんと渋谷の試験センターへ。

2人でファイルを覗き込み…


受験番号を発見!!

無事合格してました!!



ほんと、周りの方々に感謝しまくりですよ。

自分一人じゃ苦しい時に踏ん張れなかった。


支え合ったクラスメートの仲間たちや

背中を押し続けてくれたダチ達、

音楽というフィルターを通して出会った方々、

実習で出会った様々な方々、

素晴らしい恩師、

そして親父、お袋に、

本当にありがとうございました!!


人は一人じゃ生きていけないよ。


だけど、ここからがスタート。

それを肝に銘じて進んでいこう。

俺の座右の銘

「学ぶ心さえあれば万物これ我が師である」(by故・松下幸之助)

を忘れずに進んでいきます。


そして経験を唄に反映できるように日頃から色々感じます。


たくさんの「ありがとう」を。

チャオ♪



写真はクラスメートの村上さんと。

ファンキーな人で、皆に愛されるナイスガイです。

2007/03/27(火) 一週間。
色々あった一週間。


19日のライブ。

来ていただいた方々ありがとね!

約半年ぶりだったけど色々な方々の尽力もあり、良い感じのライブができた。

まだまだ伝えきれてないものがたくさんあるし、技術もうんこちゃんだけど音楽に対する誠意は見せれたと思う。

魂こめたよ。

弾き語りし始めて、演奏してる自分に酔ったのは初めてだった。



そして20日は1年間通った専門学校の卒業式。

マジでこの1年は俺のターニングポイントになった。

ここでの出会いと経験を忘れずに歩いていかなければならない。

そして[人間力]を磨きたい。

自分の言葉に血を流したい。

いくら正しいことを言っても

いくらごもっともなことを言っても

言葉に血が流れていなければ人を動かすことはできないし何の説得力も持たない。

言葉にふさわしい人間になりたい。

そうすれば唄にも実生活にも反映されるし。


まだまだやらなければいかんことは山ほどある。

だけど人生はなるべく楽しむよ。

あまりストイックに生き過ぎてもつまらんし周りがハッピーにならん。

自分一人で生きてるわけじゃないし。

他人への感謝の気持ちを忘れたクソにはなりたかないぜ。

「ありがとう」を言える人間でいたい。



そして22〜25日まで地元・金沢に帰省。

ダチと飯食ったり酒飲んだり

親父と酒酌み交わし、お袋とはコーヒー酌み交わした。

俺、幸せ者です。

故郷の町並みはどんどん変わっていくけど

チャラけた町並みに変わっていくけど

人と食い物の味だけは変わらないでほしい。

街が発展しても人が廃れたら悲しすぎる。



そして最終日にあの能登沖地震に遭遇。

昼下がりに東京着いてるはずが帰ったのは23時半。

俺は金沢駅でのんびり待ってたし金沢は被害が少なかったからまだよかったけど輪島や能登は本当に心配だ。

早くみなさんの笑顔が戻ります様に心から祈ってます。




そういえば俺が国家試験で受験した精神保健福祉士の合格発表まであと4日。

同じクラスの村上さんと試験センターに結果見に行くけどドキがムネムネだぜ。

そんな感じです

チャオ♪


写真はレッドゾーンの楽屋にて。戦友の椿祐くん(Gazel)と。

2007/03/18(日) 昼下がりの出来事。
昼下がり。

明日のライブに備えて小物類を買いに某所へ。


途中、交差点近くの歩道で「助けてください!」と叫ぶお婆さんが一人。

お婆さんはサングラスに杖、カート。

目が不自由な方だった。



別に誰が泣き叫んでてもそうしたけど、声をかけた。

「スーパーに向かって歩いてたんだけど車の音が恐くて…混乱してどの方向へ歩いていいかわからなくなった」

と泣き叫びなからお婆さんは言った。

そして

「さっきからみんな通り過ぎるだけで誰も声をかけてくれなかった。どうして?みんなバチが当たるよ!」

なおも叫び続ける彼女の肩を抱き腕を握り落ち着かせる。

そしてお婆さんが行きたかったコンビニまで一緒に行った。

20メートルくらい先のコンビニに行った。



行き交う人の群れ。


交差点にたどり着くまで俺の前には家族連れやカップルがいた。


あの状況で何もしない親の背中を見て子は育つ。

見て見ぬふりをする男を愛する女がいる(逆もしかり)。



憂いと怒り、そして悲しみ。


みんなそんなに急いでどこ行くのさ?

そんなに急いで行った先に何があるのさ?



なんともいえない気持ちになりました、はい。





人はゆっくりと泣く

人はゆっくりと笑う

そんな簡単なことさえ忘れて

みんなこの街の真ん中に吸い込まれる

ブザマだ(「ライ・クーダー」by俺)


手前ミソですが自分の唄を思い出しました。


今日のこと思い出しながら明日この曲やります。


じゃあまた明日。


チャオ♪

2007/03/16(金) ☆☆ライブ詳細決まりました☆☆
3月19日(月)大塚レッドゾーン
「アコースティックの長い夜」
・Daizo
・デジママサナオ一人旅
・BLACK JACK(RYOUTA&裕樹&友樹)
・加藤健
・けーご★かずやん(UNDIVIDE)
・後藤紀仁

私、デジママサナオ一人旅の出番は20時50分からの予定です。

開場 18:00 / 開演 18:30

前売 2000 / 当日 2400
ドリンク代 / 600別除
飲み放題有り(1000or1600)

です。



ちいと遅めの時間ですが

当たり前の様に全力でライブします♪


いらっしゃる方は楽しみにしててください☆

「東京タワー」見てる方は録画予約を忘れずに。

俺観てないけどねぃ♪

よろしく!!


チャオ!!

2007/03/15(木) たどりついたらいつも雨降り
鈴木ヒロミツ氏、死去。

享年60。




俺が中学生の頃、「ちょくちょくテレビで見る太ったメガネ俳優」という冴えない印象しかなかった鈴木氏。



そんな当時の俺にお袋が聴かせてくれた曲が鈴木氏が在籍していたモップス(GSの時代だから俺が生まれる前にいたバンド)の「朝まで待てない」「御意見無用(ええじゃないか)」だった。


聴いた瞬間、体に電撃が走った。


うまいし、めちゃ格好良い!!(シャウトが渋いんです、マジで!)

泣ける曲唄っても、ロック唄ってもマジで格好良いんすよ…。


「え?!これ、あのおっさんなの?!」


その日から、一目置いて鈴木氏のことを見るようになった。



モップス時代はユーミンも追っかけしていたらしい。

渋谷陽一氏は70年代で最もうまいロックシンガーの一人として鈴木氏を挙げている。


俺も今でもたまにモップス聴きます。

カラオケでも唄うぜ。



ちなみに今日の日記のタイトルはモップスで一番有名な曲(だと思う)のタイトル。

多分聴いたら「あぁ!」てなるかもしれねぇですよ。



ん〜、また一人、伝説が逝ってしまった。

ほんと一回生で聴きたかったです。

多分、ものすげぇ迫力だったんだろうなぁ。



俺は一生で

どれだけの「大事なもの」を見ることができて

どれだけの「大事なもの」を見逃すんだろう




合掌。





さて、19日のライブが迫ってきたぜぇ。

詳細はまだ出てないんだけどわかり次第報告します。

今回もイカシたライブをお届けすることを約束します。

観なきゃ損だぜ。



それではまた。

チャオ♪


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.