明日も元気に笑おうね
NSPを想うmimiの個人的日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/05/24 浮世絵
2019/05/23 どっちが好き?
2019/05/22 病気とは・・
2019/05/21 ところ変われば・・・
2019/05/20 お昼寝の季節

直接移動: 20195 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 月 

2018/09/30(日) 台風24号
またまた大型台風。
ここ上越はたいしたことなく過ぎたが、
被害があったところも多いようだ。

人の予定を無視して荒れ狂う台風。
自然のことはどうにもならないとはいえ、ほどほどにしてほしい・・

2018/09/29(土) 中孝介・元ちとせコンサート
奄美の歌姫「元ちとせ」さんは迫力があった。
歌い出しの声に「オォ」と思わせるものがある。
手の動きも素敵で、何かを語らんとしている感じが伝わってくる。

中孝介さんも独特の歌声。
バラードが多いので、眠くなったら寝ていてくださいというMCも親しみが持てた。

でも・・
大ホールでは空間が広すぎて、ステージからの力が飛び散ってしまうような感じ。
もう少し小さなホールで聴きたかったのが本音である。
そして開演が15分も送れているのに、何の放送も無し。
「携帯電話は必ず電源からお切りください」という命令的連絡。
休憩後もだめ出しのように「携帯を使った方は再度お切りください」という連絡。
こんな小さなマイナス要素が、コンサートへの期待感を半減させたのは否めない。

2018/09/28(金) 声をかけられる
小学生の高学年の男の子から
「あ、mimiさんだ」と声をかけられた。

その子と面識がなかったのでビックリ!!
仕事中だったのでもっとビックリ!!!

どうして私を知っているのか詳しく聞くことも出来ない状況だったが、悪いことは出来ないと感じた。

2018/09/27(木) 午後のゆったり時間
午後、運動会の代休で休みの日。

なにをしようか、家でフライヤー作りをしようか、などとも思ったが・・・
せっかくの平日代休はやっぱり映画でしょ。
ちょうどいい時間の映画を探し、「コーヒーが冷めないうちに」を観てきた。

内容的にはいまいちだったが、俳優陣の演技が素晴らしかった。
そして午後にぴったりの静かな映画。

コーヒーを飲みながら、午後静かな映画を観る。
悪くない。

2018/09/26(水) ケロヨンを見ると元気になる
掲示板に貼ってもらったケロヨン、もぐたんの写真が嬉しい。
木馬座の公演に心が躍った。
テレビのケロヨンの「バッハハーイ」を毎日真似した。
子ども時代にいつでもタイムスリップできるケロヨン。

人それぞれに郷愁を感じるキャラクターがあるのだろう。
それはいつまでも元気の源である。
幸せな子ども時代を過ごせた事に感謝する。

2018/09/25(火) 9月最終週
ここにきて風邪をひいたような感じがする。
でも、連休は仕事をせずしっかり遊んだので、やるべき事がたまってきた。

風邪にも負けず、ちょっとダッシュモードになろうかな・・・

2018/09/24(月) 飯山へ
入れ替え前にもう一度「お地蔵様に雪降りまして」を観たくて人形館へ行ってきた。

春から展示されていた章魚庵さんの作品。
切り絵の中に時間の経過がある。
描かれていない人たちの姿が見える。
そして美しく可愛い。
今度本物を観られる日はいつになるのか・・
絵はがきで思い出すことにしよう。

人形館の後は「なかまち」食堂へ。
人形館で観てきたばかりの「大衆食堂」の中にいるような感覚になる。
なかなか今はお目にかかれない大衆食堂。
家族連れ、学生、仕事中の人々、一人で食事している人、お友達と・・
色々なお客さんで賑わっていた。
そしてどのテーブルにもくったくない笑顔があった。

2018/09/23(日) 秋のお彼岸
午前中高田世界館で映画を観る。「クラシッククラス」
フランスの映画だが、正直期待外れ。
でも、色々な作品に触れるのはいいものだ。

午後は墓参り。
彼岸花を供えてくる。
家に帰ると、義父が好きだった秋海棠が咲き始めていた。
秋を告げるこの花が好きだと言っていた義父を思い出す。

2018/09/22(土) ケロポンズ・ロケットクレヨンコンサート
同僚と十日町段じゅうろうへ。
ケロポンズとロケットクレヨンのジョイントコンサートに行ってきた。

いやいや楽しい楽しい。

子どもも大人も一緒に踊って、ゲームした。

童心に帰れるコンサート。
行った甲斐があった。

2018/09/21(金) 運動会準備
可愛い子達のためならエンヤコーラ!
少しぐらい大変だってなんのその。

2018/09/20(木) 俳句甲子園
テレビ番組「プレバト」を毎週楽しみにしている。

今日のこの句にはやられた。
圧倒的な存在感とスケール。
言葉の重み。
素晴らしくて忘れられない。

『鰯雲 仰臥の子規の 無重力』
東国原英夫

2018/09/19(水)
合唱の練習で「海」を歌っている。
♪松原遠く消ゆるところ・・
こちらの「海」だ。

歌詞が現代語ではなく口語的であるが、なかなか趣がある。
特に二番の歌詞がいい。
♪島山闇に著きあたり 漁り火光淡し

今の時代「著きあたり」という表現は使わない。
パソコンで文字を打っても出てこない。
でも、簡潔で色や空気までも醸し出す言葉に感動する。
こんな素敵な日本語を忘れないようにしたいものだ。

2018/09/18(火) 明日も元気に笑おうね
持ち帰り仕事をしているのでまた明日です。

2018/09/17(月) 敬老の日
今日は何で休みか…
しっかり思い出さないと、ただ「祝日」という言葉で済まされそうな昨今だ。

いったい今の時代いくつから敬老になるのだろう。
70代の方を「敬老」と言ってしまっては申し訳ないような気もする。
いやいや、それは私が敬老に近づいてきたせいでそう感じるのだろうか。

まぁ、私の感覚では75過ぎたあたりからだろうか。
となれば、私はもう少し余裕があるな。

2018/09/16(日) 美しきメリルストリープを観て
夜映画を見てきた。
「マンマ・ミーア」
一作目もとてもよかったが、今回もよかった。
そして泣けた。

メリルストリーブは大好きな俳優だ。
長年のファンでもある。
今回の作品では最後の方に少し出演するだけだが、
その声の美しさ、存在の圧倒感、年取っても尚美しい。
一番最初に好きになった作品、「フランス軍中尉の女」を思い出したり、「マディソン郡の橋」を思い出したり、一緒に見に行った今は亡き友達を思い出したり、重なるように樹木希林さんの不法を思い出したりして・・とにかく泣けた。

歌は世につれ
映像も世につれ

2018/09/15(土) 赤ちゃん
義弟、甥夫婦が泊まりがけで来る。
甥の子どもも初めて来る。
7ヶ月。赤ちゃんとしてかわいさ真っ盛りだ。
おしりをポコポコあげてはいはいしようとしたり、扇風機のボタンを覚えて押してみたり、ボーロをつまんで口に入れたり。

日ごろ赤ちゃんをたくさん見ているが、甥の子と言うだけで感慨ひとしおである。
あの子が親になったのだなぁ・・
いいお父さんになったなぁ・・

と、伯母さんはばあちゃん気分を味あわせてもらったのでした。

2018/09/14(金)
昨日、今日、夕方蚊が多くて閉口する。
「もぞっ」と感じたときには時すでに遅し。刺されているのだ。
ジャージのズボンの裾からも入り、足をやられる。
顔もやられる。
靴下を脱いだ途端、足の指もやられる。

うー・・
蚊も世の中の役に立っているのだろうか?
それならば少しは我慢もするが、蚊が役に立っていることは聞いたことがない。
それでも一応命の一つ・・だけどやっぱり虫にさ避けるのは嫌だ!!

2018/09/13(木) 明日も元気に笑おうね
また明日です

2018/09/12(水) うみがたり
義母を水族館に連れて行く。
平日なら少しは空いていると期待したのだが、甘かった。
待つほどは混んでいないが、イルカショーも大型水槽の前も、マゼランペンギンもかなりの人出。
義母のシルバーカーもちょっとお邪魔なほどに混んでいた。

平日もこれぐらい人が来る場所になったのなら、しばらく安心。

義母もイルカショーのダンスをして楽しんでいた。

2018/09/11(火) 作り物は楽しい
大きなリボンを制作中。
カラフルで可愛いのが出来そうだ。

仕上がりを楽しみに手も軽やかに動く。

2018/09/10(月) 秋っぽい
朝から雨。
肌寒さを感じ、長袖を羽織りたくなる。
秋の予感。

また暑くなる日が来るのだろうが、
暑くなったり、肌寒くなったりしながら季節は移ろっていくのだろう。

昨晩の楽しさをかみしめて、気持ちが温かくなる。
もうしばらく楽しさを温存させておこう。

2018/09/09(日) うたごえ祭典
「銀河鉄道の夜」を気持ちよく歌ってきた。

結果的には「交流の部準推薦」・・まぁ4位と言ったところだろうか。

コンクール形式である以上結果発表はつきものだが、
選ばれたところで本線参加の意思に関してはやや消極的である。

それ以上に、また「銀河鉄道の夜」を歌えたことに喜びがある。

愛していきたい楽曲に巡り会えたことに感謝する。

2018/09/08(土) 楽曲が持つ力
一曲が一人歩きし、人々の中に浸透し、それぞれの想い出とリンクするようになった時、その曲は力を持つ。

今日のかぐや姫リスペクトライブでそんな曲を見た。

えちご姫が「あの人の手紙」を演奏し出すと・・・
館内に散らばってライブ会場に入ってこなかった方々が、イントロの出だしを聞きつけ会場にわーっと殺到してきた。
瞬く間にリスペクトライブ会場は人であふれ、ドアの外にもお客様がいっぱい。みなさん拍手で応援している。

曲に力があるのだ。
人を惹きつける力があるのだ。

やっぱりかぐや姫の曲はすごい!

2018/09/07(金) みんな頑張れ
台風被害のところも、地震被害のところも、
とにかくみんな頑張れ!!

2018/09/06(木) 北海道で地震
台風が過ぎたと思いきや、北海道で6強の地震。
まだ各地で停電して、現地の方々は不便をしているようだ。

台風被害も、地震被害も、皆さんの心が折れないように。
早い復旧を祈っている。

2018/09/05(水) 台風一過
過ぎてみて、改めて台風被害の大きさに驚く。
ニュースで見る光景はひどいものだ。
亡くなった方も10人を越えた。
一日も早い生活の復旧を祈るばかりである。

我が街上越は大して被害もなかったようにみえるが、
実際どうだったのだろう。
とにかく今日は暑かった。
これも台風の影響。夜になって少し涼しい風がそよいでいる。

2018/09/04(火) 台風21号
大阪の方でかなりの猛威を振るったようだ。
関西空港が孤立するという大きな被害が出ている。
ニュースでは車がひっくり返ったり、つぶれたり、燃えていたり、クレーンが折れていたり…
強い風とは恐ろしいものだ。

知り合い友人宅の被害は聞いていないが、無事と信じたい。

大きな台風被害はもっと南の方に関係するものだと思っていたが、
そうではないと認識を改める時が来ているようだ。

雪害もしかり。
今までは新潟の専売特許だった雪害も、もっと北の方に被害が出るようになっている。

人の手に負えない変化に強く立ち向かう心構えが必要なようだ。

2018/09/03(月) 義父の祥月命日
義父が亡くなってから24年経つ。
記憶は鮮明なのに、もう24年も経つのだなぁ。

義父が残したたくさんの絵は今も季節ごとに掛け替えている。
その絵を描いたときに話してくれた言葉や声もまだはっきりと記憶の中に。

今日あたり、家に帰ってきているかもしれない。

2018/09/02(日) うみがたりへ
やっと「うみがたり」へ行ってきた。
年間パスポートも作ったので、1年間は自由に出入りできる。

と言うことで、今日は全体をさーっと見る。
混んでいるところはパスパス。
字もじっくり読みたいところだが、さーっと読んで進む。

館内全体を把握できた。
細かい展示は次回じっくり見よう。
今日は小さい子が立ち寄らない翡翠岩石?に映るプロジェクトマッピングを心ゆくまで見てきた。
海、山の四季が描かれている。
こんなところに自分は住んでいるのかと思うと、感動した。


夏から行きたいと思っていたので、やっと腑に落ちた感じだ。
次の狙いは夕陽の中のイルカショー。
晴れた日を狙うぞ!

2018/09/01(土) 田島征三&アーサービナード トークショー
十日町へトークショーを聴きに行ってきた。

田島征三さんとアーサー・ビナードさんのトークショー。新しい本「わたしの森」のトークショーだった。

おもにまむしの話と絵本ができるまでの制作秘話だったが、
それがおもしろくておもしろくて。
身を乗り出して聞いてしまうほどだ。

途中お客様で来ていたおおたか静流さんの朗読と歌も聴けたお得なトークショー。

行ってよかった。

我が家にずーっと以前からあるまむしの焼酎漬けのことをアーサービナードさんに話したところ、是非送ってくれと言う。
本気で送ろうかと考えている私である。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.